運営チーム

プロジェクト全体の運営と推進役を担うのは、
Museum Start あいうえの運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)。
美術館学芸員・大学教員・教育学専門家で構成されています。

東京都美術館(館長 真室佳武)

稲庭彩和子 顔写真

東京都美術館 学芸員
アート・コミュニケーション係長

稲庭彩和子

日常の世界から見えにくいミュージアムの世界に踏み出すには勇気がいるときもあるので、まずは冒険を始めるための学校「あいうえの学校」を作りました。ハリーポッターの魔法の学校ではないけれど、ミュージアムを舞台とした冒険の達人になるための学校です。
熊谷香寿美 顔写真

東京都美術館 学芸員
アート・コミュニケーション担当

熊谷香寿美

ミュージアムは普段の生活からちょっと離れて自分のことを振り返ることができる空間です。上野には、自然のもの、美術作品、絵本や音楽まで多様なジャンルが集っています。自分の感覚を研ぎすませて、時間や空間を超えた「冒険」を楽しんでください。
山家いつか 顔写真

東京都美術館 学芸補佐
アート・コミュニケーション担当

山家いつか

あいうえのには、楽しい出会いがいっぱいあります。
ホンモノと出合い、人と出会う。
そこから生まれる新しい自分にも、きっとわくわくするはずです。
無限に広がる学びのフィールドで思う存分冒険しましょう。
渡邊祐子 顔写真

東京都美術館 専門家委託
Museum Start あいうえのプログラム・オフィサー

渡邊祐子

こどものころに体験した驚きやふしぎは、大人になってからの知的好奇心を刺激する大切な経験となります。こどもの新鮮な発見に、大人もまた生き生きとした学びを触発される。そんな生きた人とモノが集まる「あいうえの」で、自分だけの学びを追求してください。

東京藝術大学(プロジェクト代表教員 日比野克彦)

伊藤達矢 顔写真

東京藝術大学 美術学部特任准教授
プロジェクト・マネージャ

伊藤達矢

とびらプロジェクトのエネルギーをもっと広く社会と接続させていきたい。そう思って藝大と東京都美術館だけでなく、上野の9館の文化施設と連携して新しい学びの環境の編み直しを行なっていく「あいうえの」を始めました。
鈴木智香子 顔写真

東京藝術大学 美術学部特任助手
Museum Start あいうえのプログラム・オフィサー

鈴木智香子

学校プログラムは、ミュージアムを訪れたことのある子もない子も、みな平等に作品に出会えるチャンス。とびラーとの出会いを通して、こどもたちの表情が明るくやわらかくなる瞬間を目にするとき、これは上野公園の宝物だなと感じます。
山﨑日希 顔写真

東京藝術大学 美術学部特任助手
Museum Start あいうえのプログラム・オフィサー

山﨑日希

“青”だと思っていた水の色が、両手ですくってみると“青”ではなかった時の驚きや、空から見た海が群青や緑やオレンジだった時の感動のような。ミュージアムでの不思議や発見との出会いをきっかけに、日常の中でも「冒険」を続けて欲しいなと思います。
連携ミュージアム
上野の森美術館 大柳幸子

上野の森美術館

大柳幸子

ビビットポイントを警備員にしましたので、警備員さんたちは楽しそうです。こどもたちはとても無邪気に呪文を唱えていて、この活動が浸透している様子がうかがえました。
国立西洋美術館 学芸員 教育普及担当 寺島洋子

国立西洋美術館 学芸員 教育普及担当

寺島洋子

「あいうえの」のプログラムを通して、子どもたちが上野にある様々な施設を自然に使えるようになるといいですね。
東京国立博物館 総務課長 館長特任補佐 竹之内勝典

東京国立博物館 総務課長 館長特任補佐

竹之内勝典

こどもたちが作成した新聞をじっくり見ました。東博がこどもたちの目にどの様に映っているのか実感することも出来ましたし、何といってもこどもたちの歓声はミュージアムの雰囲気そのものを活性化させると思いますので今後も活動に協力して行きたいと思います。
恩賜上野動物園 教育普及課 管理係 藤崎智子

恩賜上野動物園 教育普及課 管理係長

藤崎智子

動物園の魅力といえば、やはり「ホンモノ」の動物たちに出会えるところ。「あいうえの」プログラムを通じて動物園を訪れたこどもたちが、多種多様な動物たちを見て・聞いて・感じて、たくさんのヒミツを発見してくれたらいいなと思います。
国立国会図書館国際子ども図書館 企画協力課 中島尚子

国立国会図書館国際子ども図書館
企画協力課

中島尚子

子どもの本は、アート・歴史・科学・音楽・動物ほか、万物に向かって広がっています。多くの子どもたちが、上野の山で本に出会い、たくさんのモノやコトを発見してくれるよう願っています。
国立科学博物館 連携推進・学習センター 学習課長 中山由紀

国立科学博物館 連携推進・学習センター
学習課長

中山由紀

このプログラムでの様々な経験が、子どもたちの今後の興味・関心につながっていけばいいなと思います。
東京文化会館 事業企画課長 梶奈生子

東京文化会館 事業企画課長

梶奈生子

美術館や博物館と音楽。遠いようで実はとても近い存在です。東京文化会館ではみなさんと一緒につくる音楽や聞いて楽しむ音楽を沢山用意しています。
東京文化会館 管理課 橋本あす美

東京文化会館
管理課

橋本あす美

東京文化会館は音楽の冒険への入口です。建物にも、素敵な秘密がたくさんあります。「あいうえの」をきっかけに、子どもたちが気軽に遊びに来てくれるようになるといいな、と思っています。
国立科学博物館 連携推進・学習センター 連携推進課長 濱田浄人

国立科学博物館 連携推進・学習センター
連携推進課長

濱田浄人

博物館には、いろいろなめずらしいもの、興味深いものがあります。また、身の回りから興味深いできごとを探し出すのが得意な人もいます。皆さんも、博物館で気になるもの、気になることを見つけ、調べて、世界をもっとひろげてみませんか。
パートナー

「とびらプロジェクト」は、東京都美術館と東京藝術大学が連携して行う
アートを介してコミュニティを育む事業です。

こどもたちが安心してミュージアムを楽しめるよう、
とびらプロジェクトの学芸員や大学教員と共に、
「とびラー」と呼ばれるアート・コミュニケータたちも、あいうえのの活動に寄り添います。

東京都美術館(館長 真室佳武)

稲庭彩和子 顔写真

東京都美術館 学芸員
アート・コミュニケーション係長

稲庭彩和子

河野佑美 顔写真

東京都美術館 学芸員
アート・コミュニケーション担当

河野佑美

東京藝術大学(プロジェクト代表教員 日比野克彦)

伊藤達矢 顔写真

東京藝術大学 美術学部特任准教授
プロジェクト・マネージャ

伊藤達矢

大谷郁 顔写真

東京藝術大学 美術学部特任助手
とびらプロジェクト コーディネータ

大谷郁

越川さくら 顔写真

東京藝術大学 美術学部特任助手
とびらプロジェクト コーディネータ

越川さくら

冒険のパートナー「とびラー」
とびらプロジェクトのアート・コミュニケータたち

とびラーは、毎年広く一般から募集していて、任期は3年、現在150人が活動しています。とびラーは、講座や活動を通して、アート・コミュニケータとしての役割の理解を深め、対話から充実した時間を生み出し、美術館に新しい価値を注ぎ込んでいます。学ぶコトと実践するコトのサイクルにより、美術館を拠点とした自らの活動やこどもたちの活動をさらに充実したものとしていきます。

検索 とびらプロジェクト

冒険のパートナー「とびラー」を詳しくみる

「とびらプロジェクト」公式HPはこちら

とびらプロジェクト

主催 東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学
共催 上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、東京文化会館(五十音順)

1ページでわかるあいうえの

プロジェクト概要

「あいうえの」動画チャンネル

冒険のパートナー