活動ブログ

平成25年度 放課後の美術館

放課後の美術館 第11回 (2013.11.27)

前回に続き、国立科学博物館でのワークショップです。
今回はより身近なところから「色」にまつわる体験と創作を行ないました。

DSCN8876_s

まずは4つの班に分かれて上野公園へ。自然の中にある色を集めました。この季節、公園の木々は紅葉してたくさんの色に。集めるのに大忙しです。
1色にきれいに染まったような葉や面白いグラデーションの葉、もちろん目立たないような地味な色の葉も集めます。

P1010386_s

DSC0763_s

部屋に戻ってまずはそれぞれの班でどんなものを集めてきたか机の上に広げてみました。多くは落ち葉でしたが中には石ころや根っこを拾った班も。

DSCN8909_s

次に…「一番赤いのと思うのはどれ?」「一番黄色いと思うのはどれ?」という具合に班ごとに話あいながら基準になりそうな色を選びました。

DSC0768_s

DSCN8911_s

みんなで選んだ1番の「赤」!

ある程度選べたら今度はその基準色と基準色の間にくるような色を選んで並べていきました。並べ方は直線ではなくてもよくて班ごとに工夫して並べました。四角い紙をうまくつかってチャートを作る班、絵のようにして並べる班、面白い地面みたいになってる班、円を描きながら並べる班。それぞれ全く異なるものになりました。

MG_4781_s

並べたものをよく観察し同じ種類の葉なのに色が違ったり一枚の葉がいろんな色に変色していたりすることに注目。それは一体なぜなんだろう、そんな疑問や「これはなんの葉?」という質問が子ども達からいくつかでてきたのでその場で科学博物館の方に答えてもらったりしました。きっと他にも「なんでだろう?」「不思議だな」をそれぞれ子ども達は持ち帰ったかもしれません。

IMG_4803_s
集めたり、分類したり、観察したり、まるで研究者のような時間を過ごしました。

 

アートスタディルームでは科学博物館にいくまでの時間、廃材等をつかった色集めをしてみました。「好きな色は?」「ピンク!」「どんなピンク!」ということで廃材の中からそれぞの好きな色を集めてみました。好きな色のベストオブ好きな色を決めました。

DSC0743_s

今日新しく入ってきた廃材のフィルムケースを使ってスタンプを作ったりとレーシングペーパーをつかって色塗り。アートスタディールームに残った子の提案でそれらのアイテムを使ったメッセージカード作りがはじまりました。廃材そのものを使うのではなく廃材を道具にするという点で新たな風がふきそうな予感がしますね。楽しみです!

DSCN8869_s

今後も活躍の予感。スタンプセットもできました。
DSC0800_s

プログラム: 放課後の美術館 | 投稿日: 2013年11月27日

主催/東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学

共催/上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、
国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、
東京文化会館(五十音順)

お問い合わせ:Museum Start あいうえの 運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)
Tel: 03-3823-6921(東京都美術館 代表番号)
Fax: 03-3823-6920
E-mail: aiueno@museum-start.info

※お送りいただいた個人情報は公益財団法人東京都歴史文化財団プライバシーポリシー
に基づき取扱い、本事業に関する業務を行う目的以外で使用することはありません。

利用についてプライバシーポリシー

Copyright © 2013-2017 Museum Start i-Ueno, All Rights Reserved.