活動ブログ

平成25年度 通常開室日コース

通常開室日コース:富津中学校(2014.3.25)

2014年3月25日、今年度最後の学校向けプログラムです。千葉県の富津市立富津中学の美術部の15名のみなさんが春休みを利用し、片道2時間以上かけて東京都美術館に来館。「世紀の日本画」展を鑑賞しました。3年生にとっては卒業イベントとのことです。

_MG_4712_s
アートスタディルームに集合し、アート・コミュニケータとチームになります。
このチームは男性チームですね。

_MG_4760_s
グループごとに展示室に移動し、グループ鑑賞。展覧会の会期末に近く、混雑する展示室でしたが、一般の来館者への配慮を忘れず、こどもたちへの視点も持ちつつ、アート・コミュニケータがよりよい鑑賞の場を目指します。結果、この日は一般の来館者の方々も何人か鑑賞の輪に加わって下さったり、「真剣に観てていいわねぇ」という温かな言葉をかけてくださったようです。

続く個別鑑賞。
みんな真剣に作品と向き合い「つぶやきシート」に書き込んでいました。
つびやきシート_富津中学校-1
つびやきシート_富津中学校-4

展示室内で仲間に出会って言葉を交わす姿もみられ、漏れ聞こえてくる会話が作品のことだと、なんだか嬉しくなります。
_MG_4807_s

7月から学校向けプログラム(通常開室日コースとスペシャル・マンデー・コース)をアート・コミュニケーター(とびラー)と東京都美術館・東京藝術大学の運営チーム、そして、学校の先生と共に作って来ましたが、今回の通常開室日コースでは、年間の様々な試行錯誤を集結させられた気がしました。

特に通常開室日コースは今年度スタートさせたもので、最初の頃は、ほぼ常に混雑している特別展会場でどのように充実した鑑賞の場を作るかが課題でした。でも、回を重ねるごとに、アート・コミュニケータと知恵をしぼり、一般の来館者にとっても、鑑賞プログラムに参加しているこどもたちにとっても心地よい鑑賞の場を目指しました。今日は、一般の来館者の方々からもあたたかな眼差しをいただき、感謝しています。

後日届いたビビハドトカダブック。さすがの美術部、力作揃いです。
ちょっと遠いですが、また上野公園に来たときには、ぜひ上野のミュージアムを巡ってもらえたらと思っています。
tumblr_n57ch9NotP1sea8w3o1_r1_1280
tumblr_n57ch9NotP1sea8w3o2_r1_1280

続きを読む
投稿日: 2014年3月25日

通常開室日コース:南池袋小学校(2014.3.18)

2014年3月18日、豊島区立南池袋小学校の4年生69名が東京都美術館に到着。特別展「世紀の日本画展」を鑑賞しました。
_MG_4085_s

朝の山手線で池袋から上野、そして上野公園を歩いての到着で、到着時には少し疲れているかな、と予想していたのですが、普段の図工の授業で、日本画をテーマに鉛筆で模写したり、墨汁で水墨画に挑戦したりしていることもあるのか、作品を見るというモチベーションを持っている表情で、こどもたちは早速活動を始めました。アート・コミュニケータと挨拶をして、今日の流れを確認します。

_MG_4153_s

はじめはグループ鑑賞。1グループ4〜5名のこどもたちに、アート・コミュニケータが1名ずつ伴走します。会期末に近づき、少し混み合う展示室。それでも、対話を通して鑑賞すると、ひとりでは発見できなかったようなことが見つかる楽しさがあります。

_MG_4190_s

つづく個別鑑賞。30分間、それぞれが「つぶやきシート」を持って鑑賞します。龍虎図屏風が人気でした。スケッチを描いたこどもも、言葉を残したこどももいます。

一本だけ竹の風向きが違った。
トラは風をおこして、りゅうをよんでいるみたいだった。
とらの開いている目がまっすぐりゅうを向いていて、目力が感じられます。

_MG_4182_s

 

_MG_4193_s

 

_MG_4211_s

最後にミュージアム・スタート・パックをプレゼント。もうすぐ春休みなので、またサクラの綺麗な上野公園に戻って来てくれたら嬉しいです。

続きを読む
投稿日: 2014年3月18日

通常開室日コース:伊奈学園中学校(2014.3.6)

2014年3月6日、埼玉県立伊奈学園中学校の1年生、約80名が東京都美術館の「世紀の日本画展」を鑑賞しました。校外学習として、上野で1日過ごすこどもたちは、午前中に「あいうえの」のプログラムで東京都美術館の特別展を鑑賞し、午後は班行動で上野の文化施設を巡るというスケジュール。上野公園の文化施設を馴染みあるものにしていく「あいうえの」にぴったりの1日です。

学校での事前学習を丁寧にしてきてくれました。貸出しツールのアートカード(A4)を見て各自、1作品、目星をつけて選んだ理由を書きとめておく活動です。アートカードは本物の作品とはもちろん大きく違いますが、本物を見る前に、丁寧に作品と対峙するには役立つツールであることが、生徒さんのコメントからわかります。
あ-1
あ-6

そして当日。
_MG_3608_s
アートスタディルームに集合し、班毎にアート・コミュニケータ(とびラー)と展示室へ。

_MG_3653_s
グループ鑑賞の時間です。2作品、それぞれ15分〜20分程度で鑑賞し、気がついたこと、気になる点、感じることなどをお互いに出し合いながら、対話を通して鑑賞を深めていきます。

_MG_3770_s
続く個別鑑賞では、つぶやきシートを手に、気がついたことなどを書きとめながら、事前学習で選んだ作品や、展示室で気になった作品を鑑賞します。35分間が長く感じられる場合もありますが、伊奈学園中学校のみなさんはとても熱心に鑑賞をしていて、35分間が長く感じられず、展示室にいい雰囲気の鑑賞の場を出現させてくれました。

_MG_3808_s
アートスタディルームに再集合。アート・コミュニケータと個別鑑賞の感想などを共有しつつ、ミュージアム・スタート・パックを贈りました。とびラーは、「午後に上野公園を巡るときに、早速この本の活用を!」と勧めていました。

そのススメの通り!
とても素敵な上野を巡った記録を作成してくださいました。
tumblr_n57dewujcR1sea8w3o3_1280
tumblr_n57dewujcR1sea8w3o1_1280

また、先生からも嬉しい感想をいただきました。ありがとうございます!

とびラーさんの問いかけに生徒たちが応えるか心配していましたが、とてもわかりやすくこどもたちの考えを引き出してくれたようです。午後の鑑賞にもつながりました。今回の校外学習を終えて、美術館・博物館に興味を持つ生徒が増えたように思います。自分の感じたことを素直に表現するようにもなりました。

続きを読む
投稿日: 2014年3月6日

通常開室日コース:聖徳学園中学校(2014.2.4)

_MG_1786_s

 

_MG_1889_s

 

_MG_1854_s

 

_MG_1874_s

 

_MG_1892_s

続きを読む
投稿日: 2014年2月4日

通常開室日コース:花見堂小学校(2014.1.31)

2014年1月31日、花見堂小学校の3年生17名が東京都美術館の「世紀の日本画展」を鑑賞しました。一般の来館者がいる展示室で、アート・コミュニケータが伴走をしながら鑑賞をする通常開室日コースです。

この日に参加したアート・コミュニケータは11名。高学年の来館が多い「あいうえの」の学校向けプログラムですが、3年生という低学年のこどもたちが安心して展覧会を楽しめるよう、アート・コミュニケータも高いモチベーションで参加し、1グループ(こどもは4〜5名)に2〜3名のアート・コミュニケータがいる贅沢なプログラムでした。

_MG_1373_re
まずはグループ鑑賞。
「何が見える?」「どんなことが起こっているのかな」「本物を見てみてどう?」進行するアート・コミュニケータが声掛けをしながら、対話を通した作品鑑賞が始まりました。丁寧に丁寧に作品を見て、発見や気付きを紡いでいきます。

あるグループでは・・・発見が更なる発見へ連なります。

水にうつっているところがきれい。→(何がうつってる?)→木がうつってる。枯れている木。落ち葉かな。→もう冬になりそうだね

この間、書記役のアート・コミュニケータはこどもたちの声をメモ。こどもたちの発見が集まった「発見メモ」が出来上がります。

_MG_1391_re
外光の入る休憩スペースに移動して、2グループが合流します。先程グループで鑑賞した作品について「発見メモ」を見ながら、グループ間で伝えあいます。自分たちの言葉で作品を語り、また、仲間たちの言葉で、作品について聴く時間です。

私の見て来た作品にはね、つぶつぶがたくさんあって、離れてみると山のかたまりに見えた。
夕方だったら色が赤いから、朝じゃないかな。夕方だったら山のところにも光があたるとおもう

_MG_1411_re
せっかく美術館に来たのだから、ひとりで見る時間もこどもたちに経験してもらおうと、小学校3年生のこどもたちにも、個別鑑賞の時間を確保しました。3フロアある展示室の各フロアにアート・コミュニケータが点在し、一般の来館者の大人たちの後ろから覗き込むのが難しくて困っているこどもや、ちょっと迷いそうになっているこどもたちをそっとサポートします。

_MG_1433_re
一旦、居場所を見つけたこどもたちは、ひとりでゆったりと作品の前に佇んでいたり、のびのびと「つぶやきシート」にスケッチをしたり。

_MG_1463_re
最後に展示室の脇のスペースに戻ると、ミュージアム・スタート・パックがプレゼントされます。
学校に帰って給食を食べたらすぐ、午後の事後授業で今日の鑑賞体験をビビハドトカダブックに記録してくださると先生が仰っていました。楽しみです!

続きを読む
投稿日: 2014年1月31日

通常開室日コース:聖徳大学付属女子中学校 (2013.11.2)

11月2日(土)、通常開室日コースが行われました。聖徳大学付属女子中学校の中学1年生が67名来館。とびラー7名とスタッフが迎えました。

_MG_3947
アートスタディルームに到着。スタッフより全体の流れ説明です。〈とびラーと共に小グループで見るグループ鑑賞〉と〈ひとりで見る個別鑑賞〉の2つのタイプの鑑賞の時間があることを伝えます。

加えて皆さんには、この2つの異なる形態での鑑賞を行なう理由として、色々な見方を経験することで、鑑賞がより深まっていくと私たちは考えているといった、運営側が活動に込める意味もお話ししました。中学生の皆さんには「なぜ」を伝えることも大切かと感じます。

IMG_4000
グループごとに展示室へ。普段から来館者の多い東京都美術館ですが、今日は週末で、さらに3連休の初日!非常に混み合っていました。どうにか場所を確保し、グループ鑑賞です。グループ編成は1グループにつき、生徒4〜5名+とびラー1〜2名、時間は30分で2作品です。作品の前でのひらめきや感じたこと、発見などを、グループ内で共有しながら鑑賞します。

とびラーは聞き役と問いかけ役を担う伴走者。「対話を通した鑑賞の場づくり」は、とびらプロジェクトのアート・コミュニケータとして日々目指していることです。子どもたちから気付きや発想を引き出し、それを契機に、鑑賞者それぞれがより主体的に鑑賞できる場をつくっていこうと働きかけます。

IMG_4008
作品を前に意見が交わされています。
とびラーの背中に見えるのは、「鑑賞サポートご協力のお願い」の肩掛け看板。混雑する展示室で、出来るだけ他の来館者に迷惑をかけないよう気をつけていますが、それでも「なんの集団だ?」と不快に思われる方もいらっしゃるかもしれません。活動を知らせ、知らせることでご理解を頂けたらとの願いから、「あいうえの」の活動を一般のお客様がいらっしゃる場で行う際には、必ず使用するようにしています。

IMG_4020
グループ鑑賞に続いて40分の個別鑑賞です。一般の来館者と同じように、ひとりで展示室をめぐります。

IMG_4021
個別鑑賞時のアイテムは、おなじみのA4クリップボードに挟んだ「つぶやきシート」とスタッフ作成の「フロアマップ」。「つぶやきシート」にはひとりで作品を見ながら思いついたことを忘れないように書きとめておく紙、「フロアマップ」は初めての展示室での道しるべです。

個別鑑賞では何作品見てもかまいませんが、最初に見る作品は、学校の事前授業で貸出しアイテム「鑑賞ボックス」のアートカードを使用し、予めひとり1つずつ選んできてもらいました。

IMG_4041
再びアートスタディルームに集合し、ひとりひとりにミュージアム・スタート・パックが配られました。美術の先生からは、課題(宿題)として、本日の美術館体験を、展示室で書き付けた「つぶやきシート」などを参考にしながら『ビビハドトカダブック』にまとめるよう、伝えられました。

中学生のみなさんは、東京都美術館での午前中の活動を終え、午後は国立西洋美術館か国立科学博物館のいずれかを選択して訪れるとのこと。ぜひ「あいうえの」の連携館をたくさん訪れ、上野公園を親しみのある場にしていっていただけたらと送り出しました。

続きを読む
投稿日: 2013年11月2日

通常開室日コース:多田小学校 (2013.9.19)

あいうえの学校・先生と行く美術館〈通常開室日コース〉は月に最大2校実施しますが、9月の2校目は中野区立多田小学校の6年生49名。9月19日、会期末まであと数日に迫る東京都美術館の特別展「ルーヴル美術館展——地中海四千年のものがたり」を鑑賞しました。

午前中をとびラーと共に展示室で過ごし、昼休憩を挟んだ午後には、美術館のアートスタディルームを使って事後授業(冒険の記録づくり)が行われました。

130919_MG_0958
朝10時。美術館に到着した子どもたちは、アートスタディルームで本日の活動の説明を受け、そしてグループ(子ども4-5名+とびラー1名)に分かれます。各グループがグループ鑑賞で見る作品は3作品。とびラーと作品の位置を会場マップで確認します。

130919_MG_0987
40分程度のグループ鑑賞で見た3作品は、
①6年生全員の人気投票で選んだ「多田小ベスト6」の中から1作品。口々と出てくる発見をとびラーが吹き出し発見シートに書き留めながら鑑賞しました。

②グループメンバーで決めてきた「気になる作品」。こちらは特に発見をシートに書き留めることはしませんが、とびラーと子どもたちは対話を通して鑑賞を徐々に深めていきます。

③これまでルーヴル展を鑑賞した別の学校の子どもたちの発見を、とびラーが紹介しながら見る作品。多田小学校以外の子どものつぶやきを聞くことで、イマジネーションが拡がったり、鑑賞が深まるきっかけになったようです。例えば・・・
他校の子どものつぶやき:「空の色がきれいで朝っぽい感じ」「朝の4時か5時ぐらいの空だった」
多田小の子どものつぶやき:「いや、これは朝の風景でなく、夕方なんじゃないかな。だって潮が引いているから」

130919_MG_1020
そして40分間の個別鑑賞。子ども同士で意見を交わす姿も見られます。

130919_MG_1040
130919_team
アートスタディルームに戻り、グループごとに発見したことを発表しあいます。でも、どの作品を見てきたかは他のグループには秘密のまま。発見を集めた「吹き出し発見シート」を元に、発見を4つほどヒントとして発表し、他のグループの人たちに当ててもらいます。
ヒント1:真正面から見るといろいろな人に見られている感じがする、
ヒント2:服を着ていないのは子ども
ヒント3:人が26人くらいいる

130919_MG_1036
聞いているグループはiPadで作品画像を拡大して、発表された発見が、どの作品のどの部分のことだか、都度、確認しながら聞いています。

130919_MG_1049
次発表したいグループは・・・ハイ!ハイッ!

ここでお昼休憩。

午後は「ビビハドトカダブック」に冒険の記録をつくる、事後授業です。
130919_MG_1096
チラシを切り貼りし、発見や感じたこと、心にふと浮かんだことを書きこんで、展示室での経験を記録します。午後の活動も集中力が途切れることなく、黙々と作業をする子どもたち。ブックへの冒険の記録作成と、出来たブックをクラスで互いに見あう時間をとり、14時に退館しました。

学校の団体来館で4時間に及ぶ滞在はなかなか見ない長い活動でしたが、学校での事前授業がとても充実していたのか、子どもたちが展覧会に高い興味を持った状態で来館し、自分が見たい作品や気になる作品を「見てくるぞ!」という強い熱意を感じました。
あるとびラーは、子どものこんなつぶやきを聞いたようです。「やはり美術館の本物は凄い。凄い・・。」「6年生にしてはもったいない経験をさせてもらいました」

130919_MG_1106
130919_MG_1105

続きを読む
投稿日: 2013年9月19日

通常開室日コース:第九峡田小学校 (2013.9.12)

あいうえの学校・先生と行く美術館〈通常開室日コース〉は、東京都美術館の通常開室日に行われる、学校向け鑑賞プログラムです。9月12日、荒川区立第九峡田小学校の6年生31名が「ルーヴル美術館展——地中海四千年のものがたり」を鑑賞しました。

130912_MG_0322
まずはアートスタディルームで子供3〜4名+とびラー1名がグループになり自己紹介。
今日はこの小グループでグループ鑑賞をします。スペシャル・マンデー・コースと同様に、今回も複数で鑑賞するグループ鑑賞と、ひとりだけで見る個別鑑賞の時間を設けました。

展示室に移動する前に、まずとびラーと、学校の事前授業で決めてきた、それぞれの「わたしの気になる作品」の展示場所を会場マップで確認します(この会場マップはスタッフの手作りで、ひとつひとつの小さな作品画像が配置されており、混み合う展示室では子どもたちの道しるべとなります)。
【ロビー階】
ルーブル展_map_LBF0816
【1階】                 【2階】
ルーヴル展map_1階0816  tルーブル展map_2階0816

130912_MG_0331
〈グループ鑑賞〉

130912_IMG_0360
〈個別鑑賞〉

130912_IMG_0362
個別鑑賞のときには、つぶやきシートに、ふと心に浮かんだこと、思いついたこと、想像したこと、発見したことを忘れないように書き留めておきます。会期末に近づき混み合う展示室でしたが、つぶやきシートからは子どもたちが作品の前で様々な想いを巡らせたことが読みとれます。

続きを読む
投稿日: 2013年9月12日

主催/東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学

共催/上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、
国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、
東京文化会館(五十音順)

お問い合わせ:Museum Start あいうえの 運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)
Tel: 03-3823-6921(東京都美術館 代表番号)
Fax: 03-3823-6920
E-mail: aiueno@museum-start.info

※お送りいただいた個人情報は公益財団法人東京都歴史文化財団プライバシーポリシー
に基づき取扱い、本事業に関する業務を行う目的以外で使用することはありません。

利用についてプライバシーポリシー

Copyright © 2013-2017 Museum Start i-Ueno, All Rights Reserved.