活動ブログ

平成26年度 放課後のミュージアム

放課後のミュージアム:第6回(2014.10.29)

今日は、「ものがたりを見つける」フィールドワークにでかけます。

3つの行き先、恩賜上野動物園、国立国会図書館 国際こども図書館、東京都美術館(ウフィツィ美術館展)から冒険したい場所を自分で選ぶところから始めます。

1220924_s

メンバーがみんな集まって出発するまで、アトリエにある素材で遊びを造り出したり、仲間やとびラーとおしゃべりをして過ごします。いつも映像を撮ってくれる撮影のらくださんも放課後の冒険の仲間です。こどもたちはカメラの機材にも興味津々!

一つめのグループの行き先は、<恩賜上野動物園で動物たちのものがたりを探る>

1220954_s

恩賜上野動物園の千足さんがみんなを出迎えてくださいます

1230091_s
あざらし。「正直、モデルになっているのが恥ずかしそうだった。」1230022_s
ヘビクイワシ。「目に赤と黄色とオレンジが入っている。頭の後ろの羽が突き出ている。」

よく見て、よく観察して、動物たちはどんな特徴があって、どんな行動をするのだろう?そこから、彼らがどんな一日を過ごしているのか、彼らの「ものがたり」を想像してみよう。

IMG_1177_s
羽を発見!IMG_1301_s

絵に描いてみると特徴がよくわかってきます。「クチバシが特徴的。それから、足はけっこう強そうだった。」(ヘビクイワシ)

1230197_s

アトリエに戻って、それぞれが描いてきたスケッチを見せ合いながら、自分が見た動物の特徴や、発見したストーリーを紹介し合います。自分が気づかなかった動物の一面や謎を発見できたりします。

二つめのグループは、<国立国会図書館 国際子ども図書館で世界中のものがたりに想いをはせる>冒険に向かいます。

「ものがたり」が形になっている本や、それを置いてある図書館という場所を探検します。

_MG_7052_s

「本のミュージアム」には、昔のこどもの本が展示されています。展示されている本をよく見てみて、きれいだなと思う本、気になる本をスケッチします。

_MG_7064_s

「見たことがあるけど、まだ読んでいない本。借りたこともあるけど、時間がなくて。ここにたまたまあって。」

_MG_7065_s

「子どものへや」「世界を知るへや」で、棚にならんだたくさんの本から心にひっかかる題名/ことばをとりだしてみます。

_MG_7070_s

_1230232_s

表紙や題名の図柄や短いことばに、その本の意思がこめられている、そこから人が伝えたいことに想いをはせてみる時間を過ごします。

三つめのグループは <東京都美術館「ウフィツィ美術館展」で遠い昔の異国のもがたりを想像する>に出かけます。

展覧会に行く前に、展示のされている絵に登場する登場人物やモノが描かれているパーツを選んで、紙のうえでそれぞれ構成してみます。すると、、、

IMG_1974_s

人物のポーズや表情がよく見えてきたり、モノの細かい部分がみえてきて、それぞれの要素にはなにか意味があるような、、。組み合わせることで、手元に「ものがたり」が生まれてきます。

IMG_1978_s

ウフィツィ美術館展・展覧会場へ行きます。「あっ、さっきの帽子!」

さっきアトリエで見た人やモノが登場している絵を発見。「ここに落ちている帽子は、上を向いているから、見上げてしっかり見るために、ひさしが邪魔だから取ったのかもしれない。」

IMG_2005_s

「後ろの風景がちょっと薄いピンク色になっていて、あったかい時期なのかな、、、。」「いや、このあたりの草、つるになっているあたりが茶色っぽくなっていることから、秋から冬にかけてだ。」

モノに込められている意味、モノとモノとの関係性、空間や背景、色合いや質感などについて、さまざまな意見がとびかいます。

IMG_1250_sIMG_1248_s

アトリエに戻って、さっきよりももっと具体的に、自分のイメージを表現しました。展示室で、他人の発見や感じ方を聞いて、同じようなことを考えていたのがもっと深まったり、全く違うことを聞いて、自分の感じた物語がもっと明確になったり。
自分がここで紙の上に表現した「ものがたり」は、ウフィツィ美術館展の作品の前後の物語かもしれないし、絵の中の人物やモノにまつわる全く別のストーリーかもしれません。

今回のフィールドワークでは、それぞれの場所やモノから「ものがたり」を探ったり、憶ったり、想像したりしました。
昔のもの、誰かが作ったもの、自分だけの秘密の「ものがたり」だったり、これからもいろいろな出会いのなかで、たくさんの「ものがたり」を紡いでいってほしいと思います。

 

Museum Start あいうえの
伊藤 史子

プログラム: 放課後のミュージアム | 投稿日: 2014年10月29日

主催/東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学

共催/上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、
国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、
東京文化会館(五十音順)

お問い合わせ:Museum Start あいうえの 運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)
Tel: 03-3823-6921(東京都美術館 代表番号)
Fax: 03-3823-6920
E-mail: aiueno@museum-start.info

※お送りいただいた個人情報は公益財団法人東京都歴史文化財団プライバシーポリシー
に基づき取扱い、本事業に関する業務を行う目的以外で使用することはありません。

利用についてプライバシーポリシー

Copyright © 2013-2017 Museum Start i-Ueno, All Rights Reserved.