活動ブログ

平成26年度 あいうえの日和

あいうえの日和:30分で伝授!冒険の道具の使い方(2014.10.4-5)

10月の第1週末、「ミュージアム・スタート・パック」(上野のミュージアムをめぐる「冒険の道具」と呼んでいます)を手に入れたいこどもたちへ、30分で「冒険の道具の使い方」を伝えてプレゼントする「あいうえの日和」が行われました。土曜・日曜、全3回開催され、台風前の雨にも関わらず、22名のこどもたちが冒険の道具を入手!

DSCN3390_s
今回は、前回と少し変わった会場レイアウトです。Museum Start あいうえので働くインターン東南が「30分という短い時間でも、少しでも参加するこどもたちが能動的になれるように」と考え、上野公園の大きな地図を囲む形にしました。早く来た子も、これでアイスブレークができます。

DSCN3392_s
この大きな上野公園のイラストマップには、動物園の所にはパンダが描かれていたり、東京都美術館の所には銀の玉が描かれています。

連携館の外観写真と地図上の建物とを見比べながら、
丸い銀の玉は東京都美術館、
大きなくじらは国立科学博物館、
噴水の向こうに見えるのは東京国立博物館、
と、少しずつ一致させていきます。

DSCN3399_s
さぁ、時間になったので始まりました。冒険の本、ビビハドトカダブックを開きます。これが上野公園を冒険するときのアイテムです。

_MG_4871_s
冒険の行き先である、9つのミュージアムを順番にご紹介。写真の様子は国立科学博物館の紹介場面です。行ったことある?と尋ねると、こんなに手が挙がりました。

DSCN3405_s
そして、こちらも今回から導入された紙芝居風のブック説明。小学校低学年の参加者が多いので、ストーリーの中で使い方を説明した方がより伝わるのでは?というアイデアから生まれました。
展覧会を見たこどもが、ビビハドトカダブックにチラシを切り貼りして、発見を書き込み、冒険の記録をつくる。そして、帰りに冒険の“証し”として、ビビットポイントでバッジをもらうストーリーです。

_MG_4888_s
最後に、今日来ている東京都美術館内の冒険の行き先として、丁度来週から始まる「ウフィツィ美術館展」の案内をしました。「中学生以下は無料です」というと、驚かれる保護者の方も意外と多いので、なるべく展覧会情報も丁寧にお伝えするようにしています。

文化の秋。上野公園はさまざまな展覧会やプログラムがいっぱいです。ぜひ冒険に繰り出してください!

(東京藝術大学 美術学部特任助手 長尾朋子)

プログラム: あいうえの日和 | 投稿日: 2014年10月5日

主催/東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学

共催/上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、
国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、
東京文化会館(五十音順)

お問い合わせ:Museum Start あいうえの 運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)
Tel: 03-3823-6921(東京都美術館 代表番号)
Fax: 03-3823-6920
E-mail: aiueno@museum-start.info

※お送りいただいた個人情報は公益財団法人東京都歴史文化財団プライバシーポリシー
に基づき取扱い、本事業に関する業務を行う目的以外で使用することはありません。

利用についてプライバシーポリシー

Copyright © 2013-2017 Museum Start i-Ueno, All Rights Reserved.