活動ブログ

平成26年度 あいうえのものがたり

あいうえのものがたり:東京藝術大学編(2014.7.5)

_MG_8486 梅雨時で雨が心配でしたが、曇り空の中13名の子供たちが東京都美術館のアートスタディルームに集合しました。今日のテーマは「彫刻や身体のポーズをよく見る“生きている彫刻”になってみる・感じてみる」です。 机の上にはたくさんのアートカードが並べられ、子供たちはカードに描かれたポーズを真似たり、似たポーズが描かれたカード同士を比較したり、体の動きに興味を示していました。 この日の冒険の行き先は普段は入ることのできない東京藝術大学の大石膏室です。 s_KNK5462 東京藝術大学特任助手の伊藤史子さんから、まずは子供たちへ今日の活動内容の説明がありました。「今日は東京藝術大学の大石膏室で、彫刻や身体のポーズをよく見て“生きている彫刻”になってみましょう!」伊藤さんの言葉には、子供たちが彫刻作品をよく見て自分の体を動かし、体を使って子供たち自身が彫刻になってみることで、さまざまなもの感じ取って欲しいとの思いが込められています。 s_KNK5555 伊藤さんからお話を聞いた後、東京藝術大学大石膏室へ。移動には東京都美術館の普段は一般のお客様は通れない通用門を通って、警備員さんに挨拶しながら藝大へ。とびラーさんから「ここから作品が搬出搬入されているんだよ」と教えてもらい、子供たちも興味津々です。通用門を出ると目の前に藝大があります。大石膏室のアトリエもすぐ近くです。 子供たちの鑑賞をサポートするのは、東京都美術館と東京藝術大学が連携した「とびらプロジェクト」に参加しているアート・コミュニケーターの「とびラー」の皆さんです。 _MG_8499 まずは伊藤さんを先頭に、自由に石膏室に出会ってみます。 _MG_8500 次にここで伊藤さんから「彫刻と目を合わせてみよう」のミッションが。 子供たちも、とびラーさんもみんな彫刻と目をわせようと、腰を屈めたり背伸びをしたり、体を動かしながら鑑賞しました。 _MG_8517 次は「彫刻と同じポーズを取ってみよう」のミッションです。 子供たちとびラーさんが相談しながらポーズを取り合う姿が見られました。 _MG_8520 「これは何をしているポーズかな?」「曲げる足はこっちであっているかな?」 _MG_8527 今度は子供たち一人一人で好きな作品を鑑賞します。自分の気になる、好きな石膏を探しに行きます。どうして気になるのかな?好きなところ、気になるところを意識しながら選びました。 _MG_8535 個人で鑑賞した後は、今度はグループで自分が選んだ像の好きな理由を話しながらもう一度よく鑑賞しました。他の人が選んだ理由を聞いて、自分との鑑賞の仕方の違い、物の見方を体験しました。 _MG_8564 いよいよ生きている彫刻になる準備をはじめます。まずはキャラクターを設定です。鞄・帽子・布・木の棒など、色々な小道具も使ってどんなキャラクターにするか、まずは一人で考え、そのあとグループの子供たち、とびラーさんみんなで考えます。どんな表情、ポーズなのか? 何を考えているのか? 目線の先には何かあるのか? 一人なのか? 誰かといるのか?何をしているのか?どこの国のいつの時代の人なのか?などを考えながらポーズを決めていきます。

_MG_8577

彫刻になるグループとそれを鑑賞するグループをつくり、いよいよ「生きている彫刻」になってみます。彫刻になるグループと鑑賞するグループは前半後半で交代します。

_MG_8585_MG_8586

s_KNK6089 生きている彫刻をじっくりと鑑賞します。

s_KNK6103

今度は鑑賞していたグループが生きている彫刻になる番です。

s_KNK6112

s_KNK6126

とびラーさんも子供たちと一緒に生きている彫刻になりました。 s_KNK6136 みんな自分のイメージ通りの彫刻になれたかな? s_KNK6307 各自生きた彫刻になってみた後に、東京都美術館学芸員の稲庭さんより、海外にはギルバートとジョージという、彼ら自身の体を使って“生きている彫刻”を表現するアーテイストがいることのお話がありました。この話を聞き、子供たちは自分たちがしていたこともアーテイストと一緒なんだ!との驚きとともに、充実感に満ちていたように見えました。 s_KNK6323 _MG_8644 色鉛筆、サインペン、のり、ハサミ、写真資料などを使って、子供たちが自由にブックを作っていきます。文字だけでなくイラストで、印象に残ったことや、不思議に思ったことを描きこんでいる子もいました。 s_KNK6361 「どんな風に書こうかな?」今日の冒険での発見や印象に残ったことを、とびラーさんとも相談しながら描きこんでいきます。 _MG_8650 ブックを作りつつ、保護者の方も交え、今日の冒険の中で撮った写真をスライドショーで鑑賞しました。保護者の方にも子供たちの冒険の中での発見を共有して頂けたのではないでしょうか。

続きを読む
投稿日: 2014年7月5日

あいうえのものがたり:国立科学博物館編(2014.6.29)

あいうえの学校(個人向けプログラム)の「あいうえのものがたり」の第3回。東京国立博物館編(初回)→国立西洋美術館(第2回)につづき、本日は国立科学博物館編が行われました。 東京都美術館のアートスタディルームに集合したこどもたちを、石の標本や、石や土の絵本が迎えます(国立科学博物館からお借りしたものです!)。受付をすませたこどもたちはそれらに引き寄せられ…
_MG_8136_s
そしてプログラムが始まりました。
_MG_8160_s
モニターに絵を映しながら『キュッパのはくぶつかん』という絵本の読み聞かせ。“キュッパ”という主人公が身近にあるものを集めて、分類し、ミュージアムを作るお話です。モノを集めるってどういうこと?
_MG_8168_s
それをディスプレイする・並べるってどういうこと? 科学博物館からお借りした「土のコレクション」などを見ながら考えます。
そして国立科学博物館へ!アート・コミュニケータと共に出発です。
IMG_0239_s
_MG_8205s
日本館の石の展示を見に行きました。石の色や形、模様を丁寧に観察します。
_MG_8265_s
そして、自分たちでも集めてみよう!と上野公園に繰り出しました。
ひろって、洗って、乾かして。
_MG_8281_s
乾かしているうちにお昼ごはんを食べ、そして午後。
IMG_0398s
自分なりの法則に従って石を並べます。石のコレクションづくりです。
_MG_8324_s
出来上がったのをみんなで見合います。並べる法則は人それぞれ。
_MG_8352_s
やまぎしれいな_s よしむらしゅん_s

インターン東南さゆりさんが、プログラムの様子をドキュメントしました。参加したこどもたちとアート・コミュニケータの声がよく記録されており、こどもたちととびラーがどのようなコミュニケーションを通してプログラムを楽しんだのかがわかります。ぜひご一読ください。
documentation_a

続きを読む
投稿日: 2014年6月29日

あいうえのものがたり:国立西洋美術館編(2014.6.15)

あいうえの学校(個人向けプログラム)の「あいうえのものがたり」の第2回。 初回の東京国立博物館編に続き、本日は国立西洋美術館編が行われました。 東京都美術館に集合したこどもたちとアート・コミュニケータ(とびラー)は、国立西洋美術館に出掛けます。 プログラムの様子は東京文化発信プロジェクトの「文プロ通信」で紹介されています! 是非ご覧下さい。↓

【Museum Start あいうえの】子供たちのミュージアムデビューを応援する教育プログラム

(前編)「100年後にも残したい宝物を探しに行こう」

(後編)100年後にも残したい作品をノートにまとめよう

↑出掛ける前のアイスブレーク(出発準備)では、「西洋美術館ではヨーロッパやアメリカの作品がみられる!」と大きな地球儀でヨーロッパの場所をチェック。冒険の気持ちを高めています。

↑出掛ける前のアイスブレーク(出発準備)では、「西洋美術館ではヨーロッパやアメリカの作品がみられる!」と大きな地球儀でヨーロッパの場所をチェック。冒険の気持ちを高めています。

 

続きを読む
投稿日: 2014年6月15日

あいうえのものがたり:東京国立博物館編(2014.5.31)

平成26年度のキックオフ・プログラムです。
「あいうえのものがたり」と題したこのプログラムでは、上野のミュージアムがこどもたちにとって馴染みある存在になることを願い、また、ミュージアムの楽しみ方を学ぶことを目指します。5月〜7月にかけて全4回行われ、毎回異なる「冒険の行き先」を設定しています。

初回の本日の行き先は、東京国立博物館。
東京都美術館に集合した参加者はアート・コミュニケータと共に、東京国立博物館に出かけ、作品を鑑賞し、その鑑賞体験をビビハドトカダブックに『冒険の記録―未来に残したいマイコレクションガイドブック―』としてまとめます。

10時、参加者が東京都美術館に集合しました。
2チームに分かれて出発。東京国立博物館の展示室では、まず、グループごとに鑑賞しました。つづいてアート・コミュニケータが見守る中、個別鑑賞。丁寧に作品をみながら、どの作品を“未来の人に伝えたいマイコレクション”にするか選びました。

12時、再び東京都美術館に戻り、昼食休憩。

そして13時前より、冒険の記録作りがはじまりました。
これは残したい!と思う作品画像を切り貼りし、発見した点や、気がついたことなど、午前中の鑑賞体験を思い出しながら、冒険の記録を作成していきます。残したいと思った理由や、驚きが詰まった、様々な『冒険の記録―未来に残したいマイコレクションガイドブック―』が出来上がりました。↓

book5

book6

続きを読む
投稿日: 2014年5月31日

主催/東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学

共催/上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、
国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、
東京文化会館(五十音順)

お問い合わせ:Museum Start あいうえの 運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)
Tel: 03-3823-6921(東京都美術館 代表番号)
Fax: 03-3823-6920
E-mail: aiueno@museum-start.info

※お送りいただいた個人情報は公益財団法人東京都歴史文化財団プライバシーポリシー
に基づき取扱い、本事業に関する業務を行う目的以外で使用することはありません。

利用についてプライバシーポリシー

Copyright © 2013-2017 Museum Start i-Ueno, All Rights Reserved.