活動ブログ

平成26年度 のびのびゆったりワークショップ

のびのびゆったりワークショップ:第5回(2014.11.23)

第5回のびのびゆったりワークショップを迎えました。このプログラムでは、障害のある子どもたちを含む、すべてのこどもたちが全6回にわたり一緒に活動をしていきます。5回目ということもあり、こどもたちも環境に慣れてきて、朝からにぎやかに迎えました。

今日は、パラバルーンを使ったアイスブレイクから活動開始です!
2
みんなで輪になって、カラフルなパラバルーンの中をジャンプしたり、色の波のビッグウェーブをくぐります。
3
身体をいっぱい動かして、朝から笑顔があふれます。
s_1240606
外で活動したあとは、アトリエに戻って制作開始です。今日の活動は「マスキングアート」。
マスキングアートってどんなアート??
こどもたちは、とびラーからお話を聞きます。
4
とびラーが取り出した水色の画用紙をよく見ていると、みるみる内に白いラインがでてきました。
マスキングアートとは、最初にマスキングテープを貼って、その上に色を描きます。そしてテープを貼った部分を剥がすと、描いた色の中に、模様のように形をみることができるアートです。
5
やり方がわかったら、こどもたちも思い思いに画面を塗っていきます。
あとでどんな形が生まれるのか、楽しみです。
6
とびラーと協力して、たくさんのマスキングアートが出来上がりました!
16
自分の作品が出来上がったら、今度はみんなで大きな作品づくりに挑戦!
8
小さい作品同様、大きなトレーシングペーパーに、たくさんのマスキングテープをペタペタ貼っていきます。
9
テープが終わったら、ローラーを使って色を重ねるワークです。様々な形のローラーを使ったり、手を使って描いていきます。
10
小さい紙に描いていた時とはちがい、大きな紙では、身体全体を動かして描いていきます。端から端まで、紙の上を歩きながら色を重ねている子もいました。
11
色のワークが終わったら、みんなでマスキングテープ探しです。
12
どんな模様がでてくるかな。みんなで、隠れたテープを探しながら、すこしずつ隠れた模様を発見していきます。

最後は上に吊るしてみんなで見上げます。
トレーシングペーパーに重ねられた作品。上からみると水色だったけど、下から見ると黄色だったり…みんなで色を重ねた軌跡を感じます。
13
14
最後は、暗くしてライトを照らして鑑賞です。
隠れた色とかたちを見つける時間になりました。
15
次回の最終回では、この描いた作品を使って、あるモノをつくっていきます。
お楽しみに…!

東京藝術大学 美術学部特任助手 近藤美智子

プログラム: のびのびゆったりワークショップ | 投稿日: 2014年11月23日

主催/東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学

共催/上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、
国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、
東京文化会館(五十音順)

お問い合わせ:Museum Start あいうえの 運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)
Tel: 03-3823-6921(東京都美術館 代表番号)
Fax: 03-3823-6920
E-mail: aiueno@museum-start.info

※お送りいただいた個人情報は公益財団法人東京都歴史文化財団プライバシーポリシー
に基づき取扱い、本事業に関する業務を行う目的以外で使用することはありません。

利用についてプライバシーポリシー

Copyright © 2013-2017 Museum Start i-Ueno, All Rights Reserved.