活動ブログ

平成26年度 のびのびゆったりワークショップ

のびのびゆったりワークショップ:第6回(2014.12.07)

全6回に渡る「のびのびゆったりワークショップ」もとうとう最終回を迎えました!
今日はアトリエの様子がいつもと違い、こどもたちの今まで作った作品が、アトリエいっぱいに飾られています。
02
今日の活動では、アトリエを「美術館」にして、最後に保護者のみなさんをご招待する予定です!こどもたちも朝から張りきっています。
s_1270337
s_1270343
今日も、すぎ先生の合図で活動開始です。
1日の流れを確認したら、とびラーから、アトリエでつくるものについてお話を聞きます。
s_1270356
今日はみんなが前回の「マスキングアート」で描いた絵を使って、三角(円錐)のかたちをつくります。「なんのかたちに見えるかな」というすぎ先生の問いかけに、「スカイツリー!」という声を聞かせてくれる子もいました。三角のタワーに見えたり、三角の山に見えたり、三角の帽子に見えたり…、みんな想い想いにかたちからインスピレーションを受けて作っていきます。
s_1270413
枝や毛糸、布リボン、みんなが描いた絵のはじっこ、シールが今日の素材です。
s_1270490s_1270576
ぴゅ〜ぴゅ〜♪
制作が終わる頃、すぎ先生から笛の合図です。
s_1270597
ここからは、美術館に光の素材を探しにいく冒険におでかけです。
東京都美術館にはどんな色が隠れているかな?とびラーと一緒に、こどもたちがアトリエからでかけます。
s_1270698
4色の公募棟に行くと、4色の光のアイテム(カラーセロハン)を発見しました!
s_1270790
アトリエに戻ると、三角の形をしていた自分の作品が、ランプによって内側から光っています。集めてきた光の素材(カラーセロハン)を使って、最後の制作です。
s_1270821

のびのびゆったりワークショップでは、こどもたちの活動するアトリエの隣の部屋を、保護者の方同士の交流の場として開いています。制作が終わったら、保護者の方を迎えにいき、アトリエにご招待します。
s_1270939
今まで作ってきた作品を通して、とびラーやすぎ先生と過ごしてきた出来事を伝えます。
s_1270991

そして最後に、みんなでカウントダウン!
3・2・1…!

s_1280014s_1280048
暗くなった部屋いっぱいに光があふれます。
s_1280099
そして、みんなに笑顔があふれます。
last

のびのびゆったり、自由に手やからだを動かす時間。
こどもたち1人1人の個性や歩調を大切に過ごす時間。

ミュージアムには作品が、そして東京都美術館にはとびラーがいます。
ミュージアムが、1人1人のこどもたちが受容される場所へ。

_KNK7605

このワークショップの活動が、こどもたちの、次のとびらを開ける一歩になってくれることを心から願っています。
またみんなに会えるのを楽しみにしています。約束です。

東京藝術大学 美術学部特任助手 近藤美智子

プログラム: のびのびゆったりワークショップ | 投稿日: 2014年12月7日

主催/東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学

共催/上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、
国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、
東京文化会館(五十音順)

お問い合わせ:Museum Start あいうえの 運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)
Tel: 03-3823-6921(東京都美術館 代表番号)
Fax: 03-3823-6920
E-mail: aiueno@museum-start.info

※お送りいただいた個人情報は公益財団法人東京都歴史文化財団プライバシーポリシー
に基づき取扱い、本事業に関する業務を行う目的以外で使用することはありません。

利用についてプライバシーポリシー

Copyright © 2013-2017 Museum Start i-Ueno, All Rights Reserved.