活動ブログ

平成27年度 放課後のミュージアム

放課後のミュージアム:第11回(2016.1.27)

11回目の放課後のミュージアムのテーマは、【考える、「感じ」をかたちにする】
前回、自分が「今やりたいこと」や「自分がミュージアムをつくるとしたらどんなミュージアム?」ということを文字や絵にしたり、素材を触ったりしながら考え始めたことを、それぞれさらに手を動かして実際に形にしていきます。

今日もアトリエにはたくさんの素材がならびます。
もちろん、みんなが谷中のお店や芸大のアトリエでもらってきた素材も。

001

制作する机の上には、それぞれの途中の素材と、アイディアメモが置いてありました。

_MG_1405_2_s

その横には、1人1人にスタッフの石井さん・史子さんからみんなへのお手紙が。

_MG_4157_s

メモを見たり素材にさわったりしながら、先週考えたことを思い出します。
やりたかったこと、作りたかったものはなんだっけ。もう一度新しい空気を吸って、考えて、少しずつ手をうごかしてみます。

 

アシスタントの志甫さんがやり方を教えてくれて、アクリル板を必要なサイズに切ってみます。
キーッと、ひっかくような聞きなれない音が気になって、まわりにいた人たちが集まってきました。

_MG_1428_s

ホットボンドを使うときは、とびラーさんと一緒に。

_MG_1430_s

絵具をまぜて、自分のしっくりくる色をさがしたり

_MG_1432_s

見たことのない素材の組み合わせと出会ったり。

_MG_1467_s

_MG_1452_s2

素材から選んだ物を絵具につけて、大きな画面にスタンプ。

_MG_9383_s2

実物のパンを見ながら、自分のオリジナルパンを制作中。
パンの種類によって、使う素材もちがいます。中がふわふわなパンには、毛糸をいれました。

_MG_1446_s

 

自分の作業をしながら、ほかの人の様子も気になります。
おたがいに、つくったものの仕組みを説明します。

_MG_9397_s

 

それぞれの制作に集中した1日。

これまでの放課後では行ったことのなかった新しい場所にも出かけたけれど、”いつもの”アトリエの中にも、まだまだたくさんの新しい発見や出会いがつまっていました。

自分の「いいと思う」ところ、「しっくりくる」ところをさぐるのは、頭も手もフルに使う作業。

2時間とは思えないくらい濃密な時間でした。

IMG_9408_s

プログラム: 放課後のミュージアム | 投稿日: 2016年1月27日

主催/東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学

共催/上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、
国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、
東京文化会館(五十音順)

お問い合わせ:Museum Start あいうえの 運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)
Tel: 03-3823-6921(東京都美術館 代表番号)
Fax: 03-3823-6920
E-mail: aiueno@museum-start.info

※お送りいただいた個人情報は公益財団法人東京都歴史文化財団プライバシーポリシー
に基づき取扱い、本事業に関する業務を行う目的以外で使用することはありません。

利用についてプライバシーポリシー

Copyright © 2013-2017 Museum Start i-Ueno, All Rights Reserved.