活動ブログ

平成27年度 キュッパ部

キュッパ部:ハ・東京国立博物館(2015.8.20)

久しぶりの雨となった8月20日(木)、キュッパ部のプログラムが行われました。キュッパ部も3回目となる本日は、とびラー(アート・コミュニケータ)のみんなと一緒に東京都美術館で開催中の「キュッパのびじゅつかん」展を見た後、(ハ)東京国立博物館へ出かけます。

IMG_2341

本日の冒険の仲間は、7組14名のこどもと保護者のペアのみなさんと4名のとびラー。展覧会を担当した学芸員の稲庭さんから、「キュッパのびじゅつかん」展について紹介してくれました。「キュッパのはくぶつかん」の物語をみんなで読んだら、こどもたちととびラーは展示室へ。

IMG_2358
IMG_5831 IMG_2363

「なにが並んでる?」きのこや種子、色とりどりのタイルや土まで、さまざまな”コレクション”が最初のお部屋では並んでいます。
同じ種類のものでも、並べてみるといろんな違いが見えてきます。とびラーといっしょに注意深く観察しながら、たくさんの発見や気づきを言葉にしてくれました。

IMG_2365

IMG_5827  IMG_5843
保護者のみなさんは、アートスタディールームに残って「とびらプロジェクト」や「Museum Start あいうえの」の説明を受けてから展示室へ移動します。とても熱心に、展覧会ができあがる背景や作品について聴き入っていました。

同じ種類の”コレクション”をよく見つめたあと、今度は自分でキュッパになってみよう!日比野克彦さんの作品《bigdatana—たなはもののすみか》で自分だけの標本箱をつくります。
この展示は参加型なので、一般来館したお客さんもつくることができます。

IMG_5837
日比野さんからの司令書を声に出して読んでみよう。
棚の前に並んでいるたくさんのものの中から、自分の気になるものや形、色などの”なかま”を集めます。

IMG_2401

IMG_2391

IMG_2388

IMG_5842
「これは”なかま”に入るかなぁ?」普段見過ごしてしまうものも分類することをきっかけに、よく見つめています。

IMG_2396
集まったものたちで、今度は標本箱の中を分類してみよう。とびラーにも少し手伝ってもらいます。

IMG_2421
IMG_2423
お母さん・お父さんたちがつくった標本箱も並べて、いっしょに見ます。工夫したところ、集めたもののポイントなどをお話ししてくれました。

参加者のみなさんがつくった標本箱はこちら↓

IMG_1728IMG_1733IMG_1737

IMG_1740IMG_1746IMG_1750

IMG_1753IMG_1756IMG_1759

IMG_1762IMG_1765IMG_1768

IMG_1772IMG_1775IMG_1779

つくった標本箱をbigdatanaに収めて、親子で記念撮影!
IMG_2424IMG_2427IMG_2430

IMG_2432IMG_2435IMG_2428

展示室の2階へ上がると、さっきまで下から見上げていたbigdatanaの裏側を見ることができます。
IMG_5859

IMG_5864

IMG_5869

IMG_2449 IMG_2450

IMG_2459

IMG_2465 IMG_2464
保護者のみなさんも思い思いに展示を楽しんでいます。

IMG_2479

IMG_2480
みんな、すっかりキュッパのびじゅつかんを堪能した様子。

IMG_2469

お昼ご飯を挟んで、午後の活動のはじまりです。こどもたちは、冒険のための秘密道具〈ミュージアム・スタート・パック〉を受け取ります。
IMG_2490

上野公園の9つのミュージアムへ出かけるときに、自分が見つけたものや発見したことを記録に残すことができるブックが入っています。さらに秘密の呪文を唱えると、バッジをもらうこともできるらしい・・・!スタッフからよくよくビビハドトカダブックの使い方を聞いたら、いよいよ東京都美術館を出発して、本日の行き先である「ビビハドトカダブ」の「ハ・東京国立博物館」へ出かけます。
IMG_2498

IMG_2504
今日はトーハク(東京国立博物館)の本館1階の総合文化展を見ます。

IMG_2511
トーハクには千年以上も前から伝わるたくさんの日本の宝が展示されています。
自分だったら、どんなものをさらに千年後に伝えたいかな?そんなことを考えながら、作品を見てみよう。発見したことがあったら、さっそく今日のブックにスケッチやメモで記録しよう。
わたしが選ぶものと、お母さんが選ぶものはきっと違うはず。保護者のみなさんにも、自分が『1000年後に伝えたいもの』を探してスケッチしてもらいます。

展示室のマップを持って、とびラーさんと一緒に展示室へ入ります。
IMG_2515

IMG_2520

トーハクの展示室はちょっとほの暗い。慣れるまで、とびラーと一緒に見てまわります。
IMG_2537

自分が気になるものを見つけたら、ブックに書き込みます。
IMG_2546

IMG_2544

IMG_2542

IMG_2547
最後にとびラーから言われたのは、「ではこれから、お互いに見つけてきた『1000年後に伝えたい作品』を親子で見せ合ってきて下さい」。ここからは親子だけの時間です。

IMG_2541

IMG_2551

それぞれが選んだ作品を見て、どんなことを感じたのでしょうか?お互いにとって意外だったり、ああなるほど、と思ったり。展示されているもの・作品を通して、感じた思いや想像したことなどを言葉にして確認することで、お互いの価値観を共有できる時間となります。
ぜひこのプログラムをきっかけに、親子でミュージアムに出かける機会が増えることを願っています。

プログラム: キュッパ部 | 投稿日: 2015年8月20日

主催/東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学

共催/上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、
国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、
東京文化会館(五十音順)

お問い合わせ:Museum Start あいうえの 運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)
Tel: 03-3823-6921(東京都美術館 代表番号)
Fax: 03-3823-6920
E-mail: aiueno@museum-start.info

※お送りいただいた個人情報は公益財団法人東京都歴史文化財団プライバシーポリシー
に基づき取扱い、本事業に関する業務を行う目的以外で使用することはありません。

利用についてプライバシーポリシー

Copyright © 2013-2017 Museum Start i-Ueno, All Rights Reserved.