活動ブログ

平成27年度 その他

ティーチャーズ・カフェ〈先生のための特別研修会〉(2016.3.29)

今年度最後のプログラムとして、Museum Start あいうえの では初めての、先生向けのプログラムを実施しました。

002_自己紹介_MG_5003

その名も「ティーチャーズ・カフェ」。
参加されたのは、過去にあいうえのの学校向けプログラム「スペシャル・マンデー・コース」や「平日開館コース・通常開室日コース」にご参加いただいた先生方と、その方が連れて来た「ミュージアムをこどもたちと一緒に楽しみたいと思っている」先生方。
春休みの昼下がりに、合わせて14名のみなさんが集まりました。
(中にはスペシャル・マンデー・コースのプログラム中に妊娠されていた方が、出産報告を兼ねて赤ちゃんを連れて来て参加してくださった方もいました!)
_MG_5042_

まずは、テーブルに集まったみなさんで自己紹介です。
「SHOW&TELL」というプログラムを実施しました。こちらは文字通り、何かを見せながら(Show) それについての話をする(Tell)ことです。
先生方にはずっと大切にされている「たからもの」を1人1個お持ちいただき、それにまつわる記憶や思い出について語り合いました。

004_SHOW&TELL_MG_5029
003_SHOW&TELL_MG_5011

アイスブレイクをしたところで、導入として学校プログラムについてのご紹介。
ウェブでも公開している「スペシャル・マンデー・コース」の映像を見せながら、東京都美術館学芸員の稲庭さんがポイントを解説しました。
そのうえで、いよいよ先生方にもほぼ同じ流れを体験していただきます。

◯展示室へ行く前の心の準備:アートカードを選ぶ
自分が見てみたいな、気になるな、と思う作品のアートカードを1人1点選び、それを手がかりに展示室へ出かけます。
005_アートカード_MG_5040

◯展示室での活動:「つぶやきシート」と会場マップの配布
選んだアートカードの作品をじっくり見てもらうために、こどもたちにも配布している「つぶやきシート」と会場マップを配布しました。
「つぶやきシート」には自分が気づいたこと・気になったことを自由に書き込んでも良いようになっています。会場マップは、自分が見たいと思っている作品の位置や全体の空間を把握できるように、探検する気持ちで展示室をめぐってもらえるように用意しているツールです。
006_準備_MG_5044

準備ができたところで、出発です!
今回は、東京都美術館学芸員の熊谷さんに、特別に東京都美術館のバックヤードも案内してもらいました。

007_バックヤード_MG_5052
008_バックヤードIMG_5058

美術館の裏側で起こっていることを知ってもらうのも、ミュージアム体験の1つでもあります。(実際にこのバックヤードツアーを実施した学校プログラムもありました!詳細はこちらのブログにて)

美術館の裏側を抜けて、いよいよ展示室へ。開催中の特別展「ボッティチェリ展」を見てもらいました。
009_展示室_MG_5093

010_展示室IMG_5099
「つぶやきシート」に、発見したことをメモ。

◯ミュージアム体験の記録:ブックをつくる
アートスタディルームに戻って来たら、さっそく前半の体験をブックにまとめてもらいます。
011_ブックIMG_3029

この時間の先生方の集中力がすばらしく、次々とクオリティの高いブックページができあがっていきます。

012_ブック_MG_3047 013_ブック_MG_3048 016_ブックIMG_3031

後半は、先生同士の交流タイムです。
019_交流タイムIMG_3092

お茶も交えながら、みなさんで作ったブックの記録について共有しました。
020_ブック共有IMG_3061
021_ブック共有IMG_3059

それぞれお気に入りのワンポイントを紹介し、和気あいあいとした雰囲気になりました。
☆IMG_3070(ティーチャーズ・カフェ写真)

アートカードで選んだ作品を見て実物の美しさやアートカードとの違いについて書いた人、フロアごとに壁の色が異なることに気づき展覧会構成を図式化した人、色を手がかりに全作品を見て回った人など・・・
共通のワークにも関わらず、それぞれ気になったポイントが異なり一人一人の視点が違うことを共有でき、みなさんにとって気づきがあったようです。

最後にまとめのグループワークとして、みなさんで話し合っていただいたのは「この体験にとって大事なキーワード」とは?

実践された方からは具体的に見てきたこどもたちの様子について話してもらい、初参加の方からは実際に体験してみて自分が実践するならどのような活動をするかを想像しながら、話し合いました。話し合った後に、そのキーワードをふせんに書き出してもらいました。

022_ふせんIMG_3110

出てきたキーワードはこちら:

“本物を見る” “ひきだすをふくらます”

“事前学習の重要性” “自発的に起こる事後学習!” “変容”

“話を聞いてくれる大切さ” など・・・

023_ふせん共有IMG_3114

実は今回、各グループに東京藝術大学のアシスタントスタッフや東京都美術館のインターンなど、現場に関わるスタッフもご一緒に先生方と交流しながらプログラムを進めました。みんな、こどもの学びに関わるおとなの一人。コミュニティの一員です。

これからも、「Museum Start あいうえの」を通じて、先生方や大学教員、美術館学芸員もともにミュージアムで起こる学びについて話し合い、つながりつづける環境をみなさんとご一緒につくっていかれたらと思っています。

(東京藝術大学 美術学部特任助手 鈴木智香子)

プログラム: その他 | 投稿日: 2016年3月29日

主催/東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学

共催/上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、
国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、
東京文化会館(五十音順)

お問い合わせ:Museum Start あいうえの 運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)
Tel: 03-3823-6921(東京都美術館 代表番号)
Fax: 03-3823-6920
E-mail: aiueno@museum-start.info

※お送りいただいた個人情報は公益財団法人東京都歴史文化財団プライバシーポリシー
に基づき取扱い、本事業に関する業務を行う目的以外で使用することはありません。

利用についてプライバシーポリシー

Copyright © 2013-2017 Museum Start i-Ueno, All Rights Reserved.