活動ブログ

平成27年度 スペシャル・マンデー・コース

スペシャル・マンデー・コース(2015.11.24)

2015年11月24日(月)は、午前中に品川区立小山台小4年生(58名)と台東区立千束保育園(21名)、午後に墨田区立言問小学校3年生(38名)の皆さんをスペシャル・マンデー・コースに迎え「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展」を鑑賞しました。それでは、各学校の様子をご紹介します!

=============================
★ 台東区立千束保育園 年長さん 21名

=============================

まずは朝一番に元気よく来てくれた台東区立千束保育園のみなさんの様子から。

_MG_8980

午前9時30分に開門する東京都美術館へ入館します。

_MG_8986 _

展示室では、まず絵本の読み聞かせをしました。選んだのは、「モネの絵の中に入る気分」を味わってもらうのにぴったりの、この絵本です。

絵本
『ケイティとすいれんの池』(ジェイムズ・メイヒュー作 西村秀一訳、サイエンティスト社)

主人公の元気な女の子ケイティはモネの作品の中に入って、びっくりするような冒険を繰り広げます。聞いているみんなも興味津々です。
作品を鑑賞する心の準備ができたところで、2つのグループに分かれていよいよ作品のところへ。
まだ誰もいない朝の展示室。今は贅沢にも保育園のみなさんで独り占めできる時間です。
最初に、グループのみんなでじっくり作品を見ます。
さっきの絵本に登場したような、「すいれん」の絵が実際目の前に現れます。大きさ、色の美しさをまずは遠目でじっくり味わって。

IMG_1966

もう少し作品に近づいて、今度は絵の前に座って気づいたことや発見したことを言葉にします。

IMG_1955

東京都美術館学芸員の河野さんと稲庭さんがリード役。みんなで対話をしながら鑑賞します。

IMG_1963

発見したことをどんどん発言してくれるこどもたち。

IMG_1970

みんなでお話ししながら作品を見ることがだんだん楽しくなってきた!

今度はさらに2〜3人の小さなグループになって展示室の中をめぐります。事前学習で保育園で自分たちがアートカードで選んだ作品を探しに行きます。
一緒に探して活動をしてくれるのは、アート・コミュニケータ東京のみなさん。
アート・コミュニケータ東京のみなさんは、去年までとびラーだったみなさんです。3年の人気を終えとびラーを卒業して、現在は「アート・コミュニケータ東京」という組織で主に都内で活動をしています。

IMG_1973

_MG_9016

IMG_1989

自分たちで選んだ作品を目の前にして、たくさんの発見が生まれます。色や描かれているもの、さらには描かれていないものまで、絵の中に入った気分になってその世界を一生懸命、言葉にしてくれました。「そこにカエルがいるみたい」「え、どこどこ?」といったやり取りも。それに耳を傾けるアート・コミュニケータ東京やスタッフのみなさん。

IMG_1972

最後には”ミュージアム・スタート・パック”を配布。今日の体験をきっかけに、このパックを持って、また美術館を訪れてくれたなら嬉しいです。

 

=============================
★ 品川区立小山台小4年生 58名

=============================

同じく午前に来てくれた品川区立小山台小学校のみなさん。

_MG_8717

東京国立博物館前でバスを降り、上野公園をすこし歩いて東京都美術館に向かいます。雨上がりの朝、爽やかな空気に包まれて、ピリッと緊張した様子のこどもたち。

IMG_6239

まずはアート・スタディ・ルームという部屋へ。とびラーがこどもたちを迎えます。

ちいさなグループ毎に集まって座ったら、東京藝術大学の美術学部特任助手 鈴木さんからミュージアムってどんな場所?ということや、今日の活動のこと、これから見るモネ展についてなど、お話を聞きました。

IMG_6259

学年全体への話が終わったら、展示室へ行く準備をします。今日一緒に活動をするとびラーとこどもたちが自己紹介をし合い、これからグループで見に行く作品を確認します。

_MG_8781

準備ができたら、いざ展示室へ!

普段は長い列に並ばないと入れませんが、今日の午前は2つの学校だけの貸し切りです。めったにないチャンス、しっかり「観る」ためにも展示室の前でもう一度、展示室内での約束事を確認します。

_MG_8848

まずは展示室をぐるっと一周。

どこに、どんな作品が、どういう風に展示されている?壁の色は?外より少し涼しい?天井はどれくらい高い?どんなふうに光りがあたっている?など、美術館ならではの空間についても気にかけてみます。

_MG_8861

前半のグループ鑑賞(とびラー1〜2人+こども7〜8人)の様子です。

こどもたちが事前学習で「みんなでみたい作品」として選んだ作品と「とびラーオススメの作品」の2作品をみんなで鑑賞します。

_MG_8869

「近くでみると何が描かれているか分からなくなるけれど、遠くでみると、はっきり見えるよ!」「まわりはハッキリ、まんなかに近いほどぼんやりかかれてて、近くと遠くが表現されている?」「小道が曲がっている!」「あの赤色が、きっとバラだ!」「じゃあ、あの青色は空じゃないかな?」…とびラーが進行役をつとめながら、それぞれの発見や疑問をみんなで共有します。あの子の気付いたことと、わたしの気付いたことを重ね合わせることで、新しいことに気付いたり、自分とは違う見方や価値観に出会ったりします。

IMG_6297

後半は個別鑑賞の時間です。

事前学習で「気になる絵」としてそれぞれが選んでいた絵を中心に、ゆっくり「ひとりでみる」時間を楽しみます。

_MG_8905

気付いたことはすぐに「つぶやきシート」に書き込みます。

IMG_6293

できあがったシートがこちら。

2組-緑 82-青 22-緑 51-赤 1

この鑑賞をキッカケに、ミュージアムが身近な存在となって、また上野に戻ってきてくれるのを楽しみにしています!

 

=============================
墨田区立言問小学校 3年生38名
=============================

午後は墨田区立言問小学校のみなさんです。

IMG_8919

バスから降りて、東京都美術館に向かいます。

_MG_8943

東京都美術館学芸員の熊谷さんからお話をきくこどもたち。

_MG_9075

これから一緒に展示室を巡るとびラーと自己紹介をし合ったり、これから観る絵について話をしたりして、心の準備をします。

_MG_8964

準備ができたら、展示室へ!

移動中発見したのは、何やら模型…?前川國男という建築家によって設計されたこの建物のロビーには、いくつか建築模型が展示されています。

_MG_8969

展示室に入る前に、一呼吸、しっかり観るための展示室での約束事を確認します。

「ゆっくりみる」「手で触るのではなく、目でしっかりみる」「話すときは静かな声で」「書くのは鉛筆で」約束を守って観ることで、みんなで一緒に、大切な作品を守ります。

_MG_9047

まずグループに分かれて鑑賞します。

友達の発見した見方で、みんなで絵を見てみると…?「目の悪くなったころのモネは、こんなふうに見えていたのかな?」「なんか違ってみえる!」「こっちのほうがいい!」…とびラーは、こどもたち一人一人のつぶやきを受け取りながら、さらに言葉を引き出します。

IMG_9152

次は個別鑑賞です。その前に、学校で行ってきた事前学習で選んできた作品がどこにあるのかを、会場図を見ながら確認します。「やっぱりさっき見たこの絵をもう一回みたい!」という積極的な声もちらほら。

IMG_9158

個別鑑賞の様子です。感じたことや考えたことは、忘れないよう、すぐにメモをとります。

IMG_9155

積極的に意見を交わすこどもたち。

IMG_9162

ゆったりした空間を最大限に使って、鑑賞を楽しみました。

IMG_9166

アート・スタディ・ルームに戻ったこどもたちに、東京都美術館からビビハドトカダブックのプレゼントがありました。熊谷さんから、上野公園にある9つのミュージアムのことや、このブックの使い方についてお話がありました。この「ビビハドトカダブック」がこれからのミュージアムへの冒険をサポートしてくれます。

後日、さっそくこどもたち全員分のブックの記録をいただきました!
こどもたちの記録から、とても特別な一日だったことが伺えます。ほんの一部をご紹介します。

★はるか (2) 2
★はるか 2

他のブックの記録をまとめてご覧になりたい方は「みんなの冒険の記録」のページをのぞいてみて下さい。

今日の鑑賞をきっかけに、こどもたちが自らミュージアムを楽しんでくれることを期待しつつ、また、上野公園に戻ってきてくれることを楽しみに待っています!

 

プログラム: スペシャル・マンデー・コース | 投稿日: 2015年11月24日

主催/東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学

共催/上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、
国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、
東京文化会館(五十音順)

お問い合わせ:Museum Start あいうえの 運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)
Tel: 03-3823-6921(東京都美術館 代表番号)
Fax: 03-3823-6920
E-mail: aiueno@museum-start.info

※お送りいただいた個人情報は公益財団法人東京都歴史文化財団プライバシーポリシー
に基づき取扱い、本事業に関する業務を行う目的以外で使用することはありません。

利用についてプライバシーポリシー

Copyright © 2013-2017 Museum Start i-Ueno, All Rights Reserved.