活動ブログ

平成27年度 平日開館コース

平日開館コース:国際パティシエ調理師専門学校(2016.1.29)

2016年1月29日(金)、1月の平日開館コースで最後に訪れてくれたのは専門学校のみなさんです。

===========================
国際パティシエ調理師専門学校3年生 17名

===========================

専門学校の生徒のみなさんは普段お料理や製菓の勉強をしていて、まもなく卒業制作を控えているとのこと。
そこで、今回は初めて、同じ「制作者」として卒業制作展を行っている「東京藝術大学卒業・修了作品展」を見に行くことになりました!

1_ASRであいさつ

最初にアート・スタディー・ルームに集合して、「Museum Start あいうえの」についてと今日の流れについてのお話しを東京藝術大学 美術学部特任助手の鈴木さんよりしてもらいました。

その後は、グループごとにアート・コミュニケータ(通称:とびラー)と生徒さんとで自己紹介。

3_とびラーと挨拶

今回ご案内してくれるとびラーは、「卒展さんぽ」メンバーのみなさん。

「卒展さんぽ」とは、昨年とびラボとしてとびラーが自主的におこなった活動のひとつです。
(過去の活動の様子はこちらから)
文字通り、卒展の会場をお散歩しながらおしゃべりをしながらめぐります。さらには実際の制作者の藝大生にも会って、直接お話を聞くことができるプログラムです!

4_とびラーと挨拶

今回の自己紹介では、高校生のみなさんが普段制作しているものや決まっている進路について、またとびラー自身も普段はどんなことをしているのか、お互いのことを話してもらいました。これから会う藝大生についても、目の前にいるとびラーについても、今回は作品だけではなく「人」に会うことがポイントとなるプログラムです。

少し場が温まったところで、いよいよ展示室へ!

それぞれのコースで展示室をめぐりながら、目当ての作品のところへ向かいます。
作品の前で、まずはじっくり鑑賞。

5_作品鑑賞
発見したこと・気づいたことがあればとびラーがそっと耳を傾けます。
7_作品鑑賞

その後、いよいよ制作者が登場!
5_作家登場
(デザイン科 三上真代さん)

作品に対する思いや、制作の背景などについて語ってくれました。

7_作家登場
(油画科 長谷川雅子さん)

10_作家とともに
(油画科 多田恋一朗さん)

6_作家登場
(日本画 竹内ひかりさん)

8_作家とともに
(彫刻科 森木ノ実さん)

実は高校生のみなさんには、事前にどの藝大生に会うかを事前に少しだけお知らせしていました。とびらプロジェクトでは「藝大生インタビュー」を毎年行っており、10月頃から制作段階のところへとびラーやスタッフがお邪魔して様子を取材させてもらっています。今回の卒展さんぽにも登場していただいている何人かの藝大生も、その取材を受けていただいていました。

油画科 長谷川雅子さん
日本画科 竹内ひかりさん
彫刻科 森木ノ実さん

高校生のみなさんはこの記事を読んできてくれていて、実際にできあがった作品や制作者本人を目の前にして、感激してくれている様子でした。
普段は出会うことのない作品・出会うことのない人と対話をし、彼ら自身が身につけているアクセサリーや発言をする言葉から、同じ「学生」という身近な存在として刺激を感じてくれているように見受けられました。

12_みんなで鑑賞
(彫刻科 中本那由子さん)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(先端芸術表現科 田中勘太郎さん)

そして、藝大生の方も刺激を受けてくれたようでした。

ふだん鑑賞してくれる方があそこまでこちらに寄ってじっくり話してくれる/話を聞いてくれることは実はなかなかないので、とても新鮮で楽しかったです。じっくり話すことができるのはほとんどが元々の知り合いか美術に興味がある方々なので、こういった機会はとてもありがたかったです。思ってもみない問いかけや着眼点を投げかけてもらえて刺激になりました。(中本さんからのコメントより)

9_作家とともに

鑑賞する高校生にとってだけではなく、される藝大生にとっても、対話を通して発見や気づきをもらったようで、まさに人と人との出会いをとびラーがつなぎ、その場に立ち会うことができた瞬間でした。

ここから高校生のみなさんは、もらったばかりの「ビビハドトカダブック」を持ってさっそく卒展会場を一人で出かけていきます。

15_個別鑑賞

その中で、「自分のお家・またはお店で飾りたいと思う作品を見つけてきて下さい」というお題でめぐってもらいました。将来、自分でお店を持ったりすることがあるかもしれないパティシエやシェフならではのお題です。

16_個別鑑賞

後日、事後学習にてこんな素敵なブックの記録を作ってくださいました!

都美 事後学習_1

都美 事後学習__6

111111

実は、とびラーとの「卒展さんぽ」でお別れした後に、さらに自分達が出展している書道展と開催中の特別展「ボッティチェリ展」を見て帰ってくれました。一日でたっぷり美術館を楽しんでくれた高校生のみなさん。

17_最後の挨拶

この経験がいつか、自身の制作につながる日が来たなら嬉しいです。

卒業後もぜひ、美術館をはじめ上野公園に、また遊びに来てくれることを待っています!ミュージアムがいつも身近な存在でありますように。

プログラム: 平日開館コース | 投稿日: 2016年1月29日

主催/東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学

共催/上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、
国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、
東京文化会館(五十音順)

お問い合わせ:Museum Start あいうえの 運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)
Tel: 03-3823-6921(東京都美術館 代表番号)
Fax: 03-3823-6920
E-mail: aiueno@museum-start.info

※お送りいただいた個人情報は公益財団法人東京都歴史文化財団プライバシーポリシー
に基づき取扱い、本事業に関する業務を行う目的以外で使用することはありません。

利用についてプライバシーポリシー

Copyright © 2013-2017 Museum Start i-Ueno, All Rights Reserved.