活動ブログ

平成27年度 平日開館コース

平日開館コース:東京成徳大学中学校(2016.1.21)

年明けて、2016年1月の平日開館コース。最初の参加者は、東京成徳大学中学校のみなさんです。
見に行く展覧会は、オープンしたばかりの「ボッティチェリ展」。

===========================
東京成徳大学中学校1年生 115名

===========================

少し落ち着かない朝の雰囲気。みんな朝早く起きて、上野駅の公園口改札を出てすぐの東京文化会館前に集合してから、この東京都美術館に来てくれました。

1_ASRであいさつ(塚田先生)

人数が多いので、1・2組のみなさんは午前中に東京都美術館(以下:都美)→午後に国立科学博物館(以下:カハク)、というコース。3・4組のみなさんは午前中にカハク→午後に都美、と二手に分かれて活動しました。

みんなが今日、目にした東京文化会館も国立科学博物館も、今いる東京都美術館も、実は同じミュージアムの仲間だって知ってた・・・?
まずはアートスタディールームで、「Museum Start あいうえの」の説明を東京藝術大学 美術学部特任助手の鈴木さんより話してもらいました。

2_ASRであいさつ(鈴木)

今日のテーマは、「不思議に出会うこと」。ミュージアムとは、昔の人が探求してきた世の中の不思議や発見を未来へ託す場所。みんながそこで何かに気づくことにより、「過去」と「未来」をつなぐ「今」の自分を感じることができます。

まさに「今」の自分にしか気づけない「不思議」や疑問、発見を大切にしてほしい、と学校の先生からの願いも込めて活動を行います。

その活動の道具として、今日はビビハドトカダブックを使います。
ブックの使い方や「お約束」を確認したら、いよいよ活動が始まります!

4_上野公園について

最初に、今日一緒に活動するアート・コミュニケータ(愛称:とびラー)と班ごとにご挨拶。

5_とびラーとあいさつ
みんなも事前学習で見てきたはずのアートカードのこの作品を覚えているかな?これから実際に展示室へ見に行くよ。

6_展示室へ入る前に
展示室に入る前にも、ひと呼吸入れて・・・

7_展示室へ
いよいよ展覧会会場へ入場します。

最初に、展示室はどんな空間なのか、どんな作品があるのか、全体の雰囲気を味わうためにとびラーと一緒にお散歩をします。

8_展示室散歩

9_作品との出会い

お散歩の途中で、「あ、この作品知ってる!」とポスターになっている作品や、事前学習で気になっていたアートカードの作品に近寄って見る姿も。

実際に作品を見た時に好奇心が増し、ぐっと作品との距離が縮まります。

10_作品との出会い

展示室を一周したら、今度はとびラーや班の仲間と少し離れます。

「みんなで一緒に見ようと思うこの作品について、気づいたことをメモしてきて下さい。目に見えて発見したこと、想像したこと、なんでも良いです。戻ってきたら、みんなで話し合うからね。」

11_つぶやきシート

14_作品を見る

最初はもくもくと、作品の前で一人の時間。

「どんなことを書いているの?」とちょっとお友達のものをのぞきこんでみたり。一般来館者の方にも配慮しながら、作品鑑賞を行っていました。

13_作品を見る

ひとりでよく見たら、それぞれ班ごとに集まって展示室の外で見つけて来たことをお話しします。

15_とびラーと話す

ここで使うのが、アートカード。みんなで見やすいようにA4サイズにして作ってあります。

「どんなことを発見したかな?」

16_とびラーと話す

とびラーはこどもたちが気づいたどんな小さな発見も拾い上げ、それを別の言葉に置き換えたり、こどもたち同士の発言をつないだりしながら、対話をつむいでいきます。

17_とびラーと話す

会場内よりは明るい場所で少し開放的な気持ちになりながら、たくさんの発言が出たようです。

18_とびラーと話す

 

そうして最後にもう一度、一人になって自分が気になる作品を見てきます。

19_ひとりの時間

やはり展示室の中は、作品に注目するようになっている空間。みんな一人一人作品をじっくり見つめていました。

20_ひとりの時間

発見したことは、新たな「つぶやきシート」に記入しています。一度目の鑑賞と違い、先ほどの対話の後では一人では気づかないようなことも、いろいろな視点で作品を見ることができたようです。

 

アートスタディールームに戻ってくると、テーブルに大きな図録が置かれていました。
それぞれが見て来た作品を紹介してもらいました。

23_共有

「どうしてそれを選んだの?」「気になったところは?」

24_共有

ここでも具体的にとびラーが質問をしながら、こどもたちの思いや気づきを言語化させていきます。
自分では気づかなかった作品、お友達が選んだ意外な作品など、仲間同士でも聞き合いボッティチェリ展での体験を共有しました。

最後に、いよいよブックを使った活動です。

26_ブック活用_

自分が選んだお気に入りの作品を特製シートやチラシの中から選んで、切ってブックに貼ります。

27_ブック活用

つぶやきシートに書いた感想を、今のうちにブックに書き写す生徒さんも!

28_ブック活用

一日で、都美とカハクと2カ所をめぐった成徳大学中のみなさん。

ぜひブックの記録を完成させて、また見せに来てくださいね!
そうしてこれを機会に上野公園を身近に感じ、次の冒険を続けて行ってくれたなら嬉しいです。

プログラム: 平日開館コース | 投稿日: 2016年1月29日

主催/東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学

共催/上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、
国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、
東京文化会館(五十音順)

お問い合わせ:Museum Start あいうえの 運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)
Tel: 03-3823-6921(東京都美術館 代表番号)
Fax: 03-3823-6920
E-mail: aiueno@museum-start.info

※お送りいただいた個人情報は公益財団法人東京都歴史文化財団プライバシーポリシー
に基づき取扱い、本事業に関する業務を行う目的以外で使用することはありません。

利用についてプライバシーポリシー

Copyright © 2013-2017 Museum Start i-Ueno, All Rights Reserved.