活動ブログ

2016(平成28)年度 平日開館コース

平日開館コース:葛飾区立葛飾小学校(2016.8.30)

2016年8月30日(水)、東京都美術館で開催されている企画展「開館90周年記念展 木々との対話──再生をめぐる5つの風景」に葛飾区立葛飾小学校の4〜6年生のこどもたちがたずねてくれました。

今回来てくれたのは、夏休みに開催される学校主催の「サマープログラム 美術館へ行こう!」に参加してくれた有志のこどもたちです。

普段からよく美術館に訪れる子も多く、今日の活動をとても楽しみにしてくれていたそうです。

台風の接近が心配されましたが、お天気の心配なんてふっとんでしまうくらい、こどもたちはもちろん先生も今日のプログラムにやる気いっぱい!強い熱意のもと、無事開催されました。

 

===========================

葛飾区立葛飾小学校4〜6年生 23名
===========================

 

名札を見せ合いながら、本日活動を共にするとびラーとこどもたちがお互いに自己紹介。

6年生代表からのご挨拶があり、プログラムがスタートしました。

IMG_2147 コピー

 

場があたたまってきたところで東京藝術大学 美術学部 特任助手の鈴木智香子さんから今日の活動についてのお話がありました。

IMG_2177 コピー

今日鑑賞する展覧会は東京都美術館の開館90周年を記念して開催される「開館90周年記念展 木々との対話──再生をめぐる5つの風景」。

この展覧会では「木」という素材を使って、五人の現代作家が展示をしています。

鈴木さんが実際に作品に使われた素材などを見せながら、展覧会や作家について説明すると、こどもたちは引きつけられるようにお話を聞いていました。

 

IMG_2229 コピー

展示室へ入る前に、まずはアートカードを使ってウォーミングアップ!

グループごとに配られたアートカードの中から自分が気になると思った作品を選んで、その理由を話します。

気になる作品のほかに、「みんなで見る作品」も選んで、準備ができたグループから、いよいよ出発!

 

展示室へ訪れるまえに、1階の佐藤慶太郎記念 アートラウンジへ。

ここには須田悦弘さんの《朝顔》が展示されています。

 

IMG_2265 コピー

木とは思えないその表現にこどもたちは興味津々。顔を近づけてじっくりと見ていました。

そして、この《朝顔》が飾られている展示ケースはなんと90年まえのもの!

東京都美術館の開館当時から使われているこの展示ケースにもこどもたちはとても驚いている様子でした。

 

 

アートラウンジを通り抜け、いざ待ちに待った展示室へ。

 

IMG_2278 コピー

こちらは土屋仁応さんの作品。

「思っていたよりも大きかった!」と本物を前に、真剣に見つめます。

 

IMG_2343 コピー

田窪恭治さんの作品を見て、気付いたことを言葉にし、みんなでその発見を共有し、対話を行っている様子です。

こどもたちの挙手はとまらず、気付いたことを次々と発言していきます。

 

IMG_2353 コピー5

國安孝昌さんのスケールの大きい作品にはこどもたちもびっくり!

その迫力に「ジェットコースターみたい!」と興奮した様子でとびラーに話しかけていました。

 

IMG_2385

 

繊細なバラが美しい須田悦弘さんの作品。

みんなで見上げながら、

「なぜバラが逆さまになっているのか?」

「本当にこれも木でできているの?」

と自分が感じる不思議を話し合っています。

 

 

舟越桂さんの作品のまえでももちろん対話が。

「男の人の顔をしている。」

「だけれど、胸が大きく膨らんでいるよ。」

この人は男性なの?女性なの?それとも人間ではないの?と、グループで対話を繰り返すことによって、作品への興味関心はどんどん広がっていきます。

 

IMG_2501 コピー

グループでの鑑賞のあとは、気になった作品をひとりでじっくり鑑賞する時間です。

気づいたことを文字や絵で「つぶやきシート」に記録していきます。

 

IMG_2530 コピー

IMG_2536 コピー

展示室での鑑賞を終えてアートスタディルームへ戻るまえに、美術情報資料室へ。

ここにも須田さんの作品がこっそりと展示されています。

見つけるのには一苦労ですが、発見した喜びはとても大きなものだったと思います。

 

IMG_2537 コピー

作品鑑賞を終えて、アートスタディルームへ戻って来ました。

こどもたちの手に渡されたのは「ミュージアム・スタート・パック」。

上野公園には、今日訪れた東京都美術館のほかにも全部で9つの文化施設があります。

その9つの施設をめぐる「冒険」をする時に役に立つ秘密の道具が、このミュージアム・スタート・パックです。

スタートパックの中に入っている「ビビハドトカダブック」は展覧会に行って気付いたことをメモしたり、チラシをスクラップしたりして冒険の記録を書き込むことができます。

こどもたちは今日の冒険をどのように記録してくれているのでしょうか。

 

IMG_2555 コピー

代表のこどもたちからのお礼の言葉で今日の活動は終了。

帰るとき、「今日は夏休みで一番最高の日だった!」と言ってくれました。

今日の思い出を胸に、これからもたくさんミュージアムでの冒険を続けていってくれたら嬉しいです。

葛飾区立葛飾小学校のみなさま、ありがとうございました。

 

(東京都美術館  インターン 山家いつか)

 

 

 

 

プログラム: 平日開館コース | 投稿日: 2016年8月30日

主催/東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学

共催/上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、
国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、
東京文化会館(五十音順)

お問い合わせ:Museum Start あいうえの 運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)
Tel: 03-3823-6921(東京都美術館 代表番号)
Fax: 03-3823-6920
E-mail: aiueno@museum-start.info

※お送りいただいた個人情報は公益財団法人東京都歴史文化財団プライバシーポリシー
に基づき取扱い、本事業に関する業務を行う目的以外で使用することはありません。

アーツカウンシル東京

東京都美術館

東京藝術大学

利用についてプライバシーポリシー

Copyright © 2013-2018 Museum Start i-Ueno, All Rights Reserved.