活動ブログ

2017(平成29)年度 うえの!ふしぎ発見

うえの!ふしぎ発見:アーティスト部(2017.12.17)

12月17日(日)にファミリー向けプログラム「うえの!ふしぎ発見:アーティスト部」が行われました。

「うえの!ふしぎ発見」は、上野公園の様々な文化施設が互いのコンテンツを活かしあい、毎回一つのテーマの下に行うファミリー向けプログラムです。今回のテーマは、こどもたち自身が「アーティスト」になること。澄んだ青空の下、15組29名の親子と16名のアート・コミュニケータ(とびラー)が参加し、アーティストのエレナ・トゥタッチコワさんと一緒に国立国会図書館国際子ども図書館と上野公園の探検に出かけ、自分の発見の詰まった「冒険の地図」を作りました。

《1.はじめに》
今日の集合場所は国際子ども図書館。Museum Start あいうえのの松尾由子からあいさつの後、エレナさんの自己紹介。エレナさんからは「アーティストとは、絵を描いたり彫刻を作る人のことだけでなく、”考えたことをかたちに表す人”のこともいうんだよ。今日はみんながアーティストになって上野公園を探検し、そこでの発見を地図にまとめてみよう」と提案がありました。
0014

《2.自己紹介、エレナさんの作品を鑑賞》
そこで、まずはグループごとに参加者ととびラーが自己紹介。自分の名前だけでなく、エレナさんの写真作品から気になる一点を選び、どこからそう感じたのかを話します。今日一緒に活動するメンバーを知りながら、他の人が作品を選ぶ視点を聞くことで、この後の活動へ自然に入っていきます。
00210026
そして次はみんなでエレナさんの映像作品を鑑賞。自己紹介で見た写真の場面が出てきます。音や光だけでなく、その場の匂いも感じられそうなエレナさんの映像を見ながら、更に一歩深くその世界観に身を浸していきます。探検の間に得られる「気づき」は、きっと「目に見えるもの」には限られません。なにかが聴こえてくるかもしれないし、自分だけのお話ができるかもしれないと、エレナさんの映像の世界がこどもたちに語り掛けるようでした。

《3.子ども図書館の中を探検》
次に、冒険のスタート地点である国際子ども図書館の中島尚子さんが「実は、この図書館は、明治時代に帝国図書館として使われていた建物を現代に受け継いだので、たくさんのひみつが隠れているんだ。」と教えてくれました。いよいよこどもたちは、エレナさん、中島さん、とびラーと一緒に、図書館の中のフィールドワークに出発です。昔は外壁であったふしぎな壁、開かずのとびら、大きな窓から差し込む光、その光によって写った自分の影など、図書館の中には様々な発見があります。大人はその間、国際子ども図書館の白井京さんと森田理恵子さんによるツアーへご案内。昔、図書館の利用者へ少しでもはやく本を届けるために使った書物専用エレベーター、今も多くの児童書を読むことができる閲覧室など、国際子ども図書館の魅力を伝えます。00720083

《4.上野公園の探検へ出かける》
図書館のふしぎをみんなで見つけたら、今度は上野公園を一人で探検に飛び出します。自分の気になるものや場所をみつけ、思い思いに過ごします。触ったり、拾ったり、においをかいだり、あるいはポラロイドカメラで撮影したり、スケッチしたりすることもできます。とびラーはこどもを見守りながら、その発見に耳を傾け、サポートします。そして保護者はこどもより一足早くアートスタディルームに戻り、東京都美術館の稲庭彩和子さんよりMuseum Start あいうえのお話を聞きます。今回の「うえの!ふしぎ発見:アーティスト部」など、あいうえののプログラムはこどもたちのミュージアム・スタート。これからこどもたちが生き生きとミュージアムを楽しむために、あいうえのでは今後も参加できる特別プログラムがあることや、今日とびラーが担う「こどもに寄り添う」役割、こどもと共にミュージアムを楽しむコツをお伝えしました。
01460164013701620136

《5.冒険の地図を作る》
東京都美術館のアートスタディルームへ集まりお昼ご飯を食べた後は、冒険の地図を作ります。冒険で撮影した写真を見返したり、拾ってきたものを眺めたりしながら、自分の体験が詰まった地図を自由に作ります。拾った「椿の化石」(杉ぼっくり)や虫を張り付けたり、木の肌のごつごつを写し取った紙を張り付けたり、地図の中に自分の姿を描いたり、地図の表紙を付けたり、一人一人全く違う地図が出来上がりました。地図作りの時もとびラーがこどもたちの発見を隣で聞きます。こどもたちが「わぁ!」と驚いた声を受け止めてくれる大人、木の肌を写し取りたい時に手を貸してくれる大人「とびラー」がいたことで、自分の冒険に夢中になり、自信をもってオリジナルの地図を作ることができました。
0177018701970288

《6.最後に》
地図が出来上がると皆で発表しながら鑑賞しあいました。講師のエレナさんや国際子ども図書館の中島さんからも、みんなが素晴らしい地図を作ったというコメントがありました。最後に、今後もミュージアムスタートパックをもって上野公園へ出かけてほしいということを伝え、プログラムは終了です。アーティストに出会い、上野公園のフィールドワークの後、自分だけの冒険の地図を作った今回のミュージアム・スタート。これからもミュージアム・スタート・パックと一緒に、上野公園の9つのミュージアムの冒険を続けてください!02450264018002770279
撮影:中島 佑輔

===========================================
Museum Start あいうえの プログラム・オフィサー
松尾由子

プログラム: うえの!ふしぎ発見 | 投稿日: 2017年12月17日

主催/東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学

共催/上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、
国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、
東京文化会館(五十音順)

お問い合わせ:Museum Start あいうえの 運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)
Tel: 03-3823-6921(東京都美術館 代表番号)
Fax: 03-3823-6920
E-mail: aiueno@museum-start.info

※お送りいただいた個人情報は公益財団法人東京都歴史文化財団プライバシーポリシー
に基づき取扱い、本事業に関する業務を行う目的以外で使用することはありません。

アーツカウンシル東京

東京都美術館

東京藝術大学

利用についてプライバシーポリシー

Copyright © 2013-2018 Museum Start i-Ueno, All Rights Reserved.