活動ブログ

2017(平成29)年度 平日開館コース

平日開館コース:北区立稲田小学校6年生(2018.1.31)

2018年1月31日(水)、北区立稲田小学校の6年生19名が、Museum Start あいうえのの学校プログラムに参加し、「東京藝術大学卒業修了作品展」を鑑賞しました。

「東京藝術大学卒業修了作品展」は、2会場(東京藝術大学構内と東京都美術館公募棟・ギャラリー)での開催ですが、今回のプログラムでは東京都美術館内の作品のみを鑑賞します。まずは東京都美術館のアートスタディルームにて、導入を行いました。_MG_0079_s
本プログラムには、東京都美術館×東京藝術大学「とびらプロジェクト」のアート・コミュニケータも6名参加し、こどもたちと活動を共にします。3〜4名のこどもたちと1〜2名のアート・コミュニケータが1グループとなり、グループ内で自己紹介をしつつ、今日の活動の流れを共有しました。

_MG_0194_s

こどもたちは学校で事前学習を行なっており、各自「見てみたい学科」を選んできています。担任の先生が前年の東京藝術大学卒業修了作品展をご覧になっており、藝大の卒業修了作品展ならではの、油画・日本画・建築・彫刻・工芸・デザイン・先端芸術表現といった幅広い作品形態(平面だけでなく、立体や映像、インスタレーションなど様々な展示)があることを魅力として、こどもたちに事前学習で伝えたいと希望されました。

前年の同展覧会の図録を使って、学科カードを作成し、「彫刻」ではこんな作品が、「日本画」ではこんな作品が、「建築」ではこんな作品が、というように、学科のイメージが湧くような事前学習用資料(ビジュアルイメージ)を提供。それを活用して、こどもたちは自分の見たい学科や、自分のグループで見たい学科を選らんできました。

IMG_0087_s
導入を終えて展示室に移動すると、まずはグループ鑑賞。グループで選んだ学科の作品群を鑑賞します。イメージ通りだったこどももいれば、イメージとは違う!と驚いたこどももいたようです。
上述のように本プログラムには、東京都美術館×東京藝術大学「とびらプロジェクト」のアート・コミュニケータが共に活動しますが、このグループ鑑賞の時間は特に、アート・コミュニケータがこどもたちと作品を介して対話をし、鑑賞を深めていく時間です。

IMG_0098_s

あいうえののプログラムでは、こどもたちがミュージアムにただ作品を見にくるだけではなく、作品との出会いをきっかけに人と繋がったり、社会と繋がったりするような体験を求めてプログラムの場をデザインしています。親でも先生でもない初めて会う大人(アート・コミュニケータ)と共に作品を鑑賞し対話することは、作品鑑賞が深まることはもちろんですが、加えて、日常とは異なる文脈で関係性をゼロから築き、こどもと大人が対等に学びあい・関わりあう、社会的な経験をこどもたちができる場作りとも言えます。

グループ鑑賞の最後に、東京藝術大学油画科4年の諏訪葵さんの作品を鑑賞しました。
IMG_0118_s

作家である諏訪さんにも立ち会いをいただき、最後に諏訪さんからのお話も聞くことができました。フラスコやビーカー、試験管などを使った作品で、ビーカーが倒れて中のオレンジの液が流れ出たまま固まっているような部分もありました。こどもから「自由な感じがする」という感想が出たときに、「確かに、自由なんですよ。化学の実験室では失敗とされる、ダメなこととされることも、芸術だと、作品だとOKなんですよね。それっていいなって思うんです」とお話くださいました。

IMG_0167_s
グループ鑑賞の後、続いては個別鑑賞です。事前学習で選んだ「見たい学科」の展示空間に移動し、「つぶやきシート」を活用しながら気づきや発見を文字やスケッチで書き留めていきます。たまたま作品の前で会った同級生と作品を介した対話が始まっている姿も見られました。
_MG_0179
_MG_0176

 

鑑賞後、アートスタディルームに戻り、ミュージアム・スタート・パックの中の「冒険ノート」に鑑賞中の発見や気づきをまとめます。
_MG_0186_s _MG_0187_s

_MG_0195_s

ホースや容器が使われていた
油画みたいな感じがしなかった

_MG_0196_s

芸術は失敗から発見することやアイディアがうまれる

こどもたちがそれぞれに感じたことをこのようにノートにかきとめ、他の同級生とノートを見せ合って共有することで、同じものを鑑賞しても実に多様な感じ方・見方が存在することを、自分たちで知ることができます。

 

最後に、上野公園には博物館や美術館、図書館や動物園、音楽ホールまで、バラエティ豊かなミュージアムが9つもあるということや、そこを今後、何度も訪れて楽しんでもらいたいという願いを、動画を用いながら伝えました。_MG_0197_s
ミュージアムにまた来てほしい、と言っても、なかなかそれを実現するのは難しいことですが、Museum Start あいうえのでは、リピーター応援プログラムの実施(年3回)や、ミュージアム・スタート・パックに各ミュージアムのバッジが集められる仕掛けを施すなど、こどもたちがミュージアムに再来したくなるコンテンツデザインを行なっています。

学校の授業で参加したこどもたちが、今度は週末に家族と共に上野公園のミュージアムに戻って来てくれることを願い、「ミュージアム・スタート、今日がミュージアム冒険のはじまり、“スタート”」であることを心をこめて伝えました。


 

長尾朋子|東京藝術大学美術学部特任助手、Museum Start あいうえのプログラムオフィサー

プログラム: 平日開館コース | 投稿日: 2018年1月31日

主催/東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学

共催/上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、
国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、
東京文化会館(五十音順)

お問い合わせ:Museum Start あいうえの 運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)
Tel: 03-3823-6921(東京都美術館 代表番号)
Fax: 03-3823-6920
E-mail: aiueno@museum-start.info

※お送りいただいた個人情報は公益財団法人東京都歴史文化財団プライバシーポリシー
に基づき取扱い、本事業に関する業務を行う目的以外で使用することはありません。

アーツカウンシル東京

東京都美術館

東京藝術大学

利用についてプライバシーポリシー

Copyright © 2013-2018 Museum Start i-Ueno, All Rights Reserved.