活動ブログ

2017(平成29)年度 スペシャル・マンデー・コース

スペシャル・マンデー・コース:深川一丁目保育園(2018.2.13)

冷たい風が吹くも、柔らかな陽射しが降り注ぐ2月の上野公園。

2018年2月13日(火)、休室日に特別に開室し、ゆったりとした環境の中でこどもたちが本物の作品と出会い、アート・コミュニケータ(愛称:とびラー)と共に対話をしながら鑑賞する特別なプログラム、「スペシャル・マンデー・コース」が開催されました。

この日は、春から小学校一年生になる深川一丁目保育園の年長さんたちが参加してくれました。
こどもたちはどのような時間を過ごしたのでしょうか。活動の様子をご紹介していきます。

=============================
★深川一丁目保育園 年長 

(児童17名 引率4名 とびラー6名)
=============================

上野公園に到着した深川一丁目保育園のこどもたち。
事前に送られた「ミュージアム・スタート・パック」の「冒険ノート」と肩掛けバッグを持って、気合十分の様子です。
上野公園をお散歩しながら、今日の目的地、東京都美術館へと向かいます。

_MG_0974
《世界中の宝物を見に行こう!》

こどもたちが東京都美術館に到着すると、今日一緒に活動をするとびラーが笑顔で出迎えました。
こどもたちはとびラーに元気に挨拶をし、今日の出会いを楽しみにしていた様子でした。
素敵な出会いとともに、いよいよ活動がはじまります。

最初に東京藝術大学の長尾朋子さんより、今日の活動についてのお話があります。
「ミュージアムは、世界の宝物が集まっている場所です。
今日は、みんなで東京都美術館にきている宝物を見に行こうと思います」
“宝物”という言葉を聞いて、目をキラキラさせるこどもたち。
展示室ではどのような宝物との出会いが待っているのでしょうか。
こどもたちは期待に胸を膨らませます。

 

 

《絵をよ~く見てみよう!》

_MG_1007

続いて長尾さんは、
「絵をよ~く見ると、隠れているものが見えてくるよ。今からみんなで絵を“よく見る”練習をしてみよう!」
と、こどもたちに言いました。
すると、スクリーンには赤い帽子をかぶった男の人が映し出されました。
「この赤い帽子の男の人は、となりの大きな絵の中に隠れているよ。みんなで探してみよう!」
そう、この男の人は、今日観に行く「ブリューゲル展」に展示されている作品、《野外での婚礼の踊り》のどこかに隠れているのです!
長尾さんの話を聞いて、こどもたちはこの作品が大きく印刷されているパネルの絵をよ~く見ながら、男の人を探し始めます。
すると、
「いたよ!」「見つけたよ!」
と、次々に声があがりました。

_MG_1010

_MG_1018
こちらも、今回の展覧会に展示されている作品、《机上の花瓶に入ったチューリップと薔薇》。
この作品でも“よく見る”練習をしました。
こどもたちは目を凝らしながら、お花の中に隠れている、てんとう虫や、蜂、とんぼを次々と見つけていました。

“よく見る”練習を終えたら、いよいよ展示室へ向かいます。
展示室でのマナー「走らない、大きな声をださない、作品に触らない」をしっかりと確認し、グループごとに入室しました。

 

《展示室の空間に慣れよう》_MG_1055

まずはじめに、美術館の空間に慣れるために展示室をぐるっとお散歩します。
深川一丁目保育園のこどもたちは、事前学習として、ホールに作品カードを貼り、薄暗い中で作品カードを鑑賞する「美術館体験」をしました。
そして今日、ドキドキしながら本当の展示室に入ったこどもたち。
たくさんの“宝物”に囲まれた空間にわくわくしながらも、しっかりとマナーを守って展示室を巡っていました。

 

《みんなで一つの作品を見よう!》

_MG_1083

展示室空間に慣れたら、次はグループで作品を鑑賞する時間です。
とびラーが、
「この絵の中ではどんなことがおこっていますか?」
と尋ねると、こどもたちはたくさん手をあげて、絵を見て発見したことや感じたことについて発言してくれました。
自分の発見を伝えることはもちろん、お友達の発見にも耳を傾けている様子が伺えました。

 

《自分が「見たい!」と思った作品を探しにいこう》

_MG_1141_MG_1145

グループで作品を見た次は、2~3人の小さなグループに分かれて、展示室を探検しました。
今回は、事前に「冒険ノート」に自分が「見たい」と思う作品を貼り付け、その理由を書いてきてくれたこどもたち。
見たいと思っていたホンモノの作品を、とびラーと一緒に探しにいきました。
自分が選んだ作品を見つけては、「あった!」と喜ぶこどもたち。
とびラーが「どうしてこの絵が気になったの?」と聞くと、
それぞれの言葉で、理由を教えてくれました。

 

《ミュージアム・スタート・パックをプレゼント》

_MG_1164

展示室から戻ると、こどもたちが持ってきてくれた冒険ノートと肩掛けバックに何やら変化が!
なんとキラキラした緑色のバインダーがとりつけられ、その中にはこどもたちが持っていた「冒険ノート」の他に、上野公園のミュージアムの情報がのっている「ビビハドトカダブック」が取り付けられていました。
バインダー+ビビハドトカダブック+冒険ノート+バックの4点セットで、
上野公園のミュージアム巡りがもっと楽しくなる冒険の道具、「ミュージアム・スタート・パック」の完成です!
嬉しそうに「ミュージアム・スタート・パック」を手に取るこどもたちへ、長尾さんからの最後のお話があります。

「みんな今日のミュージアム体験は楽しかったかな?
この“ミュージアム・スタート・パック”を携えて、何度でも上野公園のミュージアムへと冒険しにきてね!」

こどもたちは笑顔で「はい!」とお返事をしてくれました。

春からはピカピカの小学校一年生になる深川一丁目保育園の年長さんたち。
今日の体験が、これからの豊かな学びに繋がることを願っています。

 

 

山家いつか
東京都美術館 アート・コミュニケーション係

 

プログラム: スペシャル・マンデー・コース | 投稿日: 2018年2月13日

主催/東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学

共催/上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、
国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、
東京文化会館(五十音順)

お問い合わせ:Museum Start あいうえの 運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)
Tel: 03-3823-6921(東京都美術館 代表番号)
Fax: 03-3823-6920
E-mail: aiueno@museum-start.info

※お送りいただいた個人情報は公益財団法人東京都歴史文化財団プライバシーポリシー
に基づき取扱い、本事業に関する業務を行う目的以外で使用することはありません。

アーツカウンシル東京

東京都美術館

東京藝術大学

利用についてプライバシーポリシー

Copyright © 2013-2018 Museum Start i-Ueno, All Rights Reserved.