活動ブログ

2017(平成29)年度 平日開館コース

平日開館コース:埼玉県立伊奈学園中学校1年生(2018.3.6)

2018年3月6日、埼玉県立伊奈学園中学校の中学1年生が80名、東京都美術館のアートスタディルームに到着しました。伊奈学園中学校は、2013年度のMuseum Start あいうえのが始まった年から、ほぼ毎年申し込みをしてくださっていて、今回は4度目の参加。リピーター校です。

今回は、校外学習として来館。午前中にあいうえのの「平日開館コース」でアート・コミュニケータ(とびラー)と共に作品鑑賞を楽しみ、あいうえののオリジナル教材「ミュージアム・スタート・パック」をプレゼントして、上野公園の9つのミュージアムの魅力や楽しみ方を学習します。

そして、午後は、班別行動で希望する上野公園内のミュージアムに出かけ、展示を楽しむという流れです。午後の班別ミュージアム冒険では、午前中に手に入れたばかりのオリジナル教材「ミュージアム・スタート・パック」を活用し、行き先のミュージアムでオリジナル缶バッジを集めたり、発見や気づきを冒険ノートにまとめたりと、あいうえのの要素が早速活きる仕組みになっています。


到着した生徒たちは、まず東京都美術館のアートスタディルームで、共に活動するアート・コミュニケータと自己紹介をし、今日の活動の流れを確認します。生徒たちは事前学習で貸出教材「鑑賞ボックス」を使って、「気になる作品」を一人一作品選んできているので、自己紹介の際には、それを発表してもらいました。

_MG_2418_s

 

学校での事前学習のシート。気になる作品を1作品選び、選んだ理由や気がついたことを書き留めるシートです。また、最後の「美術館のイメージを自由に書いてください」という欄は、「お金持ちがいそう」「オタクがいくところ」「静か」「何かを自由に感じとる場所」など、ひとりひとり違う興味深い回答が得られ、当日、いくつか紹介しました。

スクリーンショット 2018-04-25 16.24.31

_MG_2432_s

また、このアートスタディルームでの導入では、展示室内で使用するツールの説明や、展示室で作品と出会うときの出会い方なども提案しました。

自分流の注目ポイントを見つけよう
自分がいいなと思うところをさがそう。
どうしてだろう、なぜだろう?と思うところを探そう

_MG_2450_s

活動について心の準備ができたら、班ごとに展示室へ。
まずはアート・コミュニケータと対話をしながらグループ鑑賞です。

_MG_2484_s_MG_2495_s

気づいたこと、発見したことを発話しながら複数人でまなざしを共有し、鑑賞します。

_MG_2515_s会期末が近づき、混み合っていたこともあり、作品の前で十分に発見を共有することができないときには、展示室内の休憩スペースなどに場所を移して共有をしました。その際に有効に活用できたのは、吹き出しシート。

作品の前では、気づいたポイントを各々が書き留め、その後休憩スペースなどに移動した際に、シートを見ながら自分の気づきを他のメンバーと共有しあうときに、とても役立ちました。

_MG_2581_s

_MG_2567_s

_MG_2590_s

 

 

グループ鑑賞の後は、個別鑑賞です。ひとりひとり、事前学習で選んできた作品や、展示室で心に留まった作品をゆっくりと鑑賞しました。_MG_2547_s

個人鑑賞で気がついたことは、「つぶやきシート」に書き留めます↓

 

_MG_2582 _MG_2579のコピー

約30分の個人鑑賞の後、生徒たちは再びアートスタディルームに戻り、展示室での気づきや発見を各々「冒険ノート」にまとめました。_MG_2591_s

_MG_2595_s

_MG_2598_s

_MG_2618_s

80人は随分な人口密度でしたが、書きあがった「冒険ノート」を机に並べ、皆で回遊しながら他の人の発見なども見て回りました。

IMG_2626_s

最後はアートコミュニケータが出口でお見送り。これから国立西洋美術館や、国立科学博物館、東京国立博物館など、上野公園内のミュージアム冒険へ出発です!


 

このスタイルで2013年より4回行っていますが、毎度、伊奈学園中学校の生徒のみなさんの言語化の力にアート・コミュニケータ共々驚かされます。作品を見て感じたことや、気がついたことを言葉にすることがとてもスムーズで、言語化のトレーニングが日々されていることを感じます。

事後学習で「冒険ノート」を活用してくださり、後日先生から共有いただきました。東京都美術館でのことのみならず、国立西洋美術館や国際子ども図書館など午後のミュージアム冒険でのまとめもされています。↓

スクリーンショット 2018-04-25 16.44.03スクリーンショット 2018-04-25 16.43.05

 

最後に先生からのコメントをご紹介します。

・英語科の教員をしていますが、1年間の思い出を書かせたら、この校外学習のことを書く子がいました。とても充実していたようです。
・教師の想像以上に意欲的に取り組んでいました。
・日々の授業や学校生活では見せない表情で取り組んでいました。
・一度限りの参加形式ではなく、その後も上野公園や美術館等に足を運べるような仕組みになっており、継続した学習にすることができました。

 

学校の先生がMuseum Start あいうえのの良さや価値を捉えてくださって、事前学習〜当日〜事後学習に積極的に取り組み、生徒たちのミュージアム・スタートを共に充実したものにしていく働きをしてくださること、心からありがたく思います。

 

(長尾朋子|東京芸術大学美術学部特任助手、Museum Start あいうえのプログラムオフィサー)

プログラム: 平日開館コース | 投稿日: 2018年3月6日

主催/東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学

共催/上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、
国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、
東京文化会館(五十音順)

お問い合わせ:Museum Start あいうえの 運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)
Tel: 03-3823-6921(東京都美術館 代表番号)
Fax: 03-3823-6920
E-mail: aiueno@museum-start.info

※お送りいただいた個人情報は公益財団法人東京都歴史文化財団プライバシーポリシー
に基づき取扱い、本事業に関する業務を行う目的以外で使用することはありません。

アーツカウンシル東京

東京都美術館

東京藝術大学

利用についてプライバシーポリシー

Copyright © 2013-2018 Museum Start i-Ueno, All Rights Reserved.