学校の先生へのメッセージ

「ミュージアム・スタート あいうえの」では
こどもたちの「主体的・対話的で深い学び」を実現する教育過程に沿った、
アクティブ・ラーニングのプログラムを提案しています。

本物をよく見て、自ら考え、発見する、探求型の学び。
こどもと大人がともに学び合う対話を通した学び。
それはミュージアムだからこそ実現できる、学びの形です。

美術館や博物館に行ったことがない先生でも、
安心してミュージアムを活用した授業づくりができるようになるポイントを紹介します。

 
point

学校向けプログラム「あいうえの学校」の
5つのポイント!

1 ミュージアムの展示室が教室に

上野公園は美術館や博物館、動物園、図書館や音楽ホールなど、「本物」の文化財の宝庫!多様な文化財に触れる経験は、こどもたちの見方・感じ方を豊かに育むことにつながります。授業の中で展示室を有効に活用することで、こどもたちの学びが深まります。

!

「スペシャル・マンデー・コース」の紹介!

東京都美術館においては、お休みの展示室を特別に学校のために開放し、ほぼ貸切の状態で展示室を活用できるプログラム「スペシャル・マンデー・コース」を用意しています。

2 対話を通した作品鑑賞のプログラム

アート・コミュニケータ(通称:とびラー)と呼ばれる大人がいることで、こどもたちの活動に寄り添い、少人数制のグループ活動を行うことが可能です。アート・コミュニケータは、こどもたちの「主体的な学び」を引き出せるよう、活発な対話を促進します。

!

対話型鑑賞の手法の1つであるVTS(ヴィジュアル・シンキング・ストラテジー)をベースにした研修を経たアート・コミュニケータが主に対応します。

3 授業に合わせてカスタマイズ

上野公園の各施設をめぐる校外学習の授業や図工・美術における鑑賞の授業など、各学校の授業に合わせてプログラムをカスタマイズします。図工や美術だけでなく、国語や社会、総合学習の時間でも活用できます。
また、美術館の学芸員や東京藝術大学の教員など、専門スタッフが先生のご相談に乗りながら、美術館を活用した授業づくりをコーディネートします。

4 オリジナル教材による充実したサポート

事前授業のための「鑑賞ボックス」!

オリジナル教材「ミュージアム・スタート・パック」

事前授業に便利なA4サイズの作品カードなどが入った「鑑賞ボックス」を無料で貸出します。また児童・生徒全員に配布するオリジナル教材「ミュージアム・スタート・パック」(上野公園の9つの文化施設のガイドブックとノート付き)を無料配布します。

5 貸切バスを無料で手配

学校から美術館へ移動手段として、貸切バスを無料で手配します。「校外に出かけたいけど、移動するのが大変・・・」と感じている先生でも、安心してお申し込みできます。

まずは当日の様子を見てみよう

 

これまで「あいうえの学校」のプログラムに
参加した先生と児童・生徒の声

voices画像1

私は初めて美術館に行きました。美術館の中に入るととても心が落ちつきました。・・・美術館は、とても落ちつき、発想がゆたかになるので、とてもいいところだと思います。イライラしているときなどに行くようにしたいです。(小5女子)

ぼくは美術館に初めて行ったから、どうせ価値など分からない、と思っていたけど行ってみたらどれも心をこめて作っていて、とてもキレイでした。美術館に行って本当に良かったです。(小6男子)

貸出ツールをとても活用させていただきました。絵やポスターを飾ったり観たりすることで こどもたちが不思議なほど絵に興味を示すようになりました。
(保育園年長を引率)

細かいところまで気を配って打ち合わせして頂き、とてもわかりやすく、安心できた。事前事後授業についても提案を頂けて、実際の授業を考える際に本当に役立ちました。(中学1年生を引率)

voices画像2
 
schedule

プログラム実施までの流れ

「あいうえの学校」の具体的なスケジュールと授業例です。

ウェブサイトよりお申し込み

お申込みはこちら

メールにて決定連絡

申込締切後に、参加決定の連絡がメールで届きます。

事前打合せ&会場下見

1ヶ月前

どのような展覧会か、どのような作品があるのかを事前に確認するために、先生は無料で展覧会を鑑賞できます。加えて、スタッフとの事前打合せを行います。授業のねらいや目的、こどもたちの普段の様子についてヒアリングし、当日の授業プランについて相談します。

貸出ツールが届く

学校で

3週間前

学びの環境づくりからスタート
事前打合せをもとにスタッフが来館当日の授業プランを作成し、展覧会ポスターや作品アートカードなどが入った貸出ツールを用意します。学校の教室では、ポスターを掲示するなどして、こどもたちに「美術館に行くんだ!」というワクワク感を持てるような雰囲気をつくることがポイントです。

voices画像2

事前学習を実施

学校で

1〜2週間前

美術館ってどんな場所?を考える
事前にこどもたちに、何をしに、どんな場所に行くのかを伝えることが大切!「連れられて行く」のではなく「行きたい」という気持ちを持たせることで、こどもたちの主体性を育みます。

自分が見たいと思う作品を選ぼう
当日鑑賞する予定の作品カードの中から、「自分が見たい」と思うものを一人一点選ぶ授業プランです。「本物はどんな大きさなんだろう?」など、作品について考えを巡らせる時間を事前に持つことで、実際に「本物」の作品を見る楽しみや期待度がふくらみます。

小学6年生の事前ワークシート例

voices画像2

事前学習シートのサンプルPDFはこちら

アート・コミュニケータの準備日

1週間前

当日のプログラムをスムーズに行うために、スタッフと当日対応するアート・コミュニケータとで事前共有の時間を持ちます。事前授業の内容や授業のねらいなどを共有し、とびラーのみなさんもこどもたちを迎える準備をします。

美術館での授業

当日

「本物」との出会いと豊かな言語活動
本物の作品との出会いを大切にし、丁寧に鑑賞します。一人一人のまなざしで「発見」や「おもしろさ」を見つけます。見つけたことを、アート・コミュニケータに伝えたり、つぶやきシートに書きとめたりしながら、自分の言葉で表現することを学びます。
もっと詳しく当日の様子を知りたい方は動画をチェック

グループの時間

voices画像3

ひとりの時間

voices画像4

事後学習

学校で

1〜2週間後

冒険の記録を書こう
当日どんなものを見てきたのか、どんな体験をしたのかという記録を、ノートにまとめます。まとめることで自分が感じたこと・考えたことを整理して伝えることができ、さらに深い学びへとつながります。
こどもたちが書いた記録は、みんなの冒険ノートをチェック

voices画像5

先生同士の交流の場「ティーチャーズ・カフェ」

その後

先生方に美術館や博物館を継続的に活用してもらえることを目的に先生向けのプログラム「ティーチャーズ・カフェ(先生のための特別研修会)」を用意しています。一度「あいうえの学校」に参加したことのある先生、これから新たに美術館や博物館を活用してみたいと思う先生、そしてアート・コミュニケータや美術館の学芸員、大学教員も含めて交流するプログラムです。
過去の様子はこちら

voices画像6

授業例

 クリックすると活動ブログが見られます。

保育園年長の例

保育園年長の例

ターナー展

2013年11月25日実施

小学3年生の例

小学3年生の例

ブリューゲル展

2018年2月13日実施

小学5、6年生の例

小学5、6年生の例

新印象派展

2015年2月23日実施

小学6年生の例

小学6年生の例

東京藝術大学卒業修了作品展

2018年1月31日実施

聾学校の例

聾学校の例

ウフィツィ美術館展

2014年11月10日実施

小学1年生、保育園年長、中学生適応指導教室の例

小学1年生、保育園年長、
中学生適応指導教室の例

ゴッホとゴーギャン展

2016年11月14日実施

others
上野公園のバラエティに富んだミュージアムの学校向けプログラムを一覧にてご紹介!

上野公園の各文化施設では、

学校向けプログラム先生向けプログラム授業に使える魅力的なツール貸し出し

など、様々な形で学校の先生を応援しています。ぜひご活用ください!

詳しくは、各施設のウェブサイトへ!

主催/東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学

共催/上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、
国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、
東京文化会館(五十音順)

お問い合わせ:Museum Start あいうえの 運営チーム(東京都美術館×東京藝術大学)
Tel: 03-3823-6921(東京都美術館 代表番号)
Fax: 03-3823-6920
E-mail: aiueno@museum-start.info

※お送りいただいた個人情報は公益財団法人東京都歴史文化財団プライバシーポリシー
に基づき取扱い、本事業に関する業務を行う目的以外で使用することはありません。

アーツカウンシル東京

東京都美術館

東京藝術大学

利用についてプライバシーポリシー

Copyright © 2013-2018 Museum Start i-Ueno, All Rights Reserved.