Facebook

En

連携ミュージアム

美術館・博物館・動物園・図書館・音楽ホール
それぞれの館種に応じた専門家たちが、あいうえのを支えています。
学びの場の整備や、コラボレーションプログラムの開発なども行っています。

上野の森美術館 大柳幸子

上野の森美術館

大柳幸子

ビビットポイントを警備員にしましたので、警備員さんたちは楽しそうです。こどもたちはとても無邪気に呪文を唱えていて、この活動が浸透している様子がうかがえました。
国立西洋美術館 学芸課教育普及室 酒井敦子

国立西洋美術館 学芸課教育普及室

酒井敦子

一人で作品に向き合う、誰かとお話ししながら見る、一点をじっくり見る、建物も含む空間全体を感じる、他の場所で見たものと比べたり結びつける、時間をおいて改めて見る・・・いろいろな方法でミュージアムを楽しんでもらえたらいいなと思います。
東京国立博物館 総務課長 館長特任補佐 竹之内勝典

東京国立博物館 総務課長 館長特任補佐

竹之内勝典

こどもたちが作成した新聞をじっくり見ました。東博がこどもたちの目にどの様に映っているのか実感することも出来ましたし、何といってもこどもたちの歓声はミュージアムの雰囲気そのものを活性化させると思いますので今後も活動に協力して行きたいと思います。
東京国立博物館 教育普及室長 藤田千織

東京国立博物館 教育普及室長

藤田千織

ミュージアムは、昔のもの、外国のもの、きれいなもの、ふしぎなもの…いろいろなものを通して、人に出会える場所。なかでもトーハクは、古い時代のものがたくさん。どんな人がこれを作ったり、使ったりしていたのかな。想像しながら、楽しんでください。
恩賜上野動物園 教育普及課 管理係 藤崎智子

恩賜上野動物園 教育普及課 管理係長

藤崎智子

動物園の魅力といえば、やはり「ホンモノ」の動物たちに出会えるところ。「あいうえの」プログラムを通じて動物園を訪れたこどもたちが、多種多様な動物たちを見て・聞いて・感じて、たくさんのヒミツを発見してくれたらいいなと思います。
恩賜上野動物園 教育普及課 教育普及係長 鳥飼香子

恩賜上野動物園 教育普及課 教育普及係長

鳥飼香子

「ホンモノ」の動物にはいろいろな不思議や思わず「へぇ~」といいたくなるような魅力がいっぱい。動物たちと身近に接している飼育係ならではの視点で、こどもたちの発見のお手伝いができたらうれしいです。
国立国会図書館国際子ども図書館 企画協力課 中村邦子

国立国会図書館国際子ども図書館
企画協力課 課長補佐

中村邦子

歴史ある建物と、たくさんの子どもの本は、国際子ども図書館の宝物です。これらの宝物を生かし、上野の山の仲間たちとつながって、より多くの子どもたちをワクワクさせられたらと思います。
国立科学博物館 連携推進・学習センター 連携推進課長 濱田浄人

国立科学博物館 連携推進・学習センター
連携推進課長

濱田浄人

博物館には、いろいろなめずらしいもの、興味深いものがあります。また、身の回りから興味深いできごとを探し出すのが得意な人もいます。皆さんも、博物館で気になるもの、気になることを見つけ、調べて、世界をもっとひろげてみませんか。
東京文化会館 事業企画課長 梶奈生子

東京文化会館 事業企画課長

梶奈生子

美術館や博物館と音楽。遠いようで実はとても近い存在です。東京文化会館ではみなさんと一緒につくる音楽や聞いて楽しむ音楽を沢山用意しています。
東京文化会館 管理課 橋本あす美

東京文化会館
管理課

橋本あす美

東京文化会館は音楽の冒険への入口です。建物にも、素敵な秘密がたくさんあります。「あいうえの」をきっかけに、子どもたちが気軽に遊びに来てくれるようになるといいな、と思っています。
 

運営チームは、
美術館の学芸員・大学教員・教育学専門家で構成されています。

東京都美術館(館長 真室佳武)

稲庭彩和子 顔写真

東京都美術館 学芸員
アート・コミュニケーション係長

稲庭彩和子

青山学院大学修士修了、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ修士修了。専門は芸術学、文化資源学。2011年より東京都美術館のアート・コミュニケーション事業を統括。共著に『100人で語る美術館の未来』(慶應義塾大学出版会、2011)、監修『ペネロペと名画をみよう』(岩崎書店)等。
河野佑美 顔写真

東京都美術館 学芸員
アート・コミュニケーション係

河野佑美

武蔵野美術大学大学院造形学コース(現:造形文化研究科美術専攻造形理論・美術史コース)修了。専門はプロダクトデザイン史。2008年東京都美術館着任。公募団体展担当など経て、2013年よりアート・コミュニケーション事業に従事。
渡邊祐子 顔写真

東京都美術館 専門家委託
Museum Start あいうえのプログラム・オフィサー

渡邊祐子

東北大学大学院教育学研究科博士課程修了。教育学博士。専門は生涯教育。2016年よりMuseum Start あいうえののプログラムオフィサーに着任。共著に『対人支援職者の専門性と学びの空間―看護・福祉・教育職の実践コミュニティ』(創風社、2015)。

東京藝術大学(プロジェクト代表教員 日比野克彦)

伊藤達矢 顔写真

東京藝術大学 美術学部特任准教授
プロジェクト・マネージャ

伊藤達矢

東京藝術大学大学院修了(博士号取得)。専門は美術教育。アートプロジェクトのディレクションなど、多様な文化プログラムの企画立案に携わる。共著に『ミュージアムが社会を変える~文化による新しいコミュニティ創り』(現代企画室)、『美術館と大学と市民がつくる ソーシャルデザインプロジェクト』(青幻舎)等。
鈴木智香子 顔写真

東京藝術大学 美術学部特任助手
Museum Start あいうえのプログラム・オフィサー

鈴木智香子

武蔵野美術大学造形学部油絵学科版画専攻卒、東京造形大学大学院美術研究領域版画コース修了。神奈川県立近代美術館 普及課で非常勤勤務を経て、2015年よりMuseum Start あいうえの プログラム・オフィサーに着任。
山﨑日希 顔写真

東京藝術大学 美術学部特任助手
Museum Start あいうえのプログラム・オフィサー

山﨑日希

東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻修了。専門は環境設計。北川原温建築都市研究所勤務、同大建築科環境設計研究室にて教育研究助手を経て、2018年よりMuseum Start あいうえの プログラム・オフィサーに着任。
パートナー

「とびらプロジェクト」は、東京都美術館と東京藝術大学が連携して行う
アートを介してコミュニティを育む事業です。

こどもたちが安心してミュージアムを楽しめるよう、
とびらプロジェクトの学芸員や大学教員と共に、
「とびラー」と呼ばれるアート・コミュニケータたちも、あいうえのの活動に寄り添います。

冒険のパートナー「とびラー」
とびらプロジェクトのアート・コミュニケータたち

とびラーは、毎年広く一般から募集していて、任期は3年、現在150人が活動しています。とびラーは、講座や活動を通して、アート・コミュニケータとしての役割の理解を深め、対話から充実した時間を生み出し、美術館に新しい価値を注ぎ込んでいます。学ぶコトと実践するコトのサイクルにより、美術館を拠点とした自らの活動やこどもたちの活動をさらに充実したものとしていきます。

検索 とびらプロジェクト

冒険のパートナー「とびラー」を詳しくみる

「とびらプロジェクト」公式HPはこちら

とびらプロジェクト

主催 東京都、東京都美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学
共催 上野の森美術館、恩賜上野動物園、国立科学博物館、国立国会図書館国際子ども図書館、国立西洋美術館、東京国立博物館、東京文化会館(五十音順)