Facebook

En

活動ブログ

MENU

2019年度 オープンデイ「キュッパ・チャンネル」

オープンデイ キュッパ・チャンネル②(2019.10.5)
<デビュー・プログラム>

2019年10月5日(土)、今回で2回目を迎えるオープンデイ「キュッパ・チャンネル」が開催されました。

167_MG_9582 DSCF1023

080_MG_9447 266_MG_9852

撮影:中島佑輔(右上以外写真3点)

「キュッパ・チャンネル」は、ものを集めるのが大好きな丸太の男の子”キュッパ”のように、いろいろなものにアンテナを張って、好きなものを見つけて集めることができる、スペシャルな1日です。

あいうえのに初めて参加する人向けのデビュー・プログラム、これまでにあいうえのに参加した人向けのリピーター・プログラム、年間通じて参加するムービー部が実施され、計5種類ものプログラムが同時開催しました。

この日あつまった人の数は、なんと377名!台風が近づいていて、天気に不安をかかえていましたが、当日は最高気温が31度の真夏日になりました。それぞれが迎えた”あつい”プログラムの様子をお伝えします。

それぞれのプログラムの様子はこちらから!

 

「リピーター・プログラム:ぼうけん部」

「リピーター・プログラム:キュッパ部」

「ムービー部」

 

=====
デビュー向けプログラム
=====

 

「デビュー・プログラム」は初めて「あいうえの」のプログラムに参加するファミリー向けのプログラム。2回目となる今回は、午前と午後の2回、約70名のこどもが、展示室空間と作品をじっくり丁寧に観察する「展覧会鑑賞コース」と、東京都美術館の建築を広く深く観察する「こども建築ツアー」の2つのコースに分かれて活動を行いました。プログラム担当は、東京都美術館(以下、都美)の柿澤香穂と熊谷香寿美です。

初めに、親子そろって「Museum Start あいうえの」のこと、受付でプレゼントした「ミュージアム・スタート・パック」の使い方、今日行う冒険の内容について、スライドやビデオで紹介。その後早速各チームに分かれて活動開始です。

まずは「ミュージアムがどんなところか」を切り口に、紙芝居を使いながらこれから冒険する舞台の紹介をチームごとに行いました。

DSC04242

 

DSC04245

チームごとの導入時間が終わったら、講堂を出発していよいよ冒険にでかけます。

「伊庭靖子展 まなざしのあわい」(2019年7月20日~10月9日)を訪れた「展覧会鑑賞コース」では、作品の前に座りながらゆったりと鑑賞する場面が多くみられました。

IMG_0617

また、本展覧会に合わせて特別に用意された「触れるツール」(陶器の破片や刺繍が施され布など)を活用することで、こどもたちの“触り経験値”を補いながら作品に描かれた光や質感、空気感についても考えました。

DSC04336

一方こども建築ツアーでは、気になったところを深く掘り下げて考えるための「じろじろ虫めがね」を使って、館内の手すりや壁、床など細部に注目し、それらが何のために、そしてどんな工夫が凝らされているのかを考えました。

163_MG_9560207_MG_9718

撮影:中島祐輔(上写真2点)

 

こどもたちがそれぞれ冒険に出ている間、保護者の方にはガイダンスの時間も。こどもにとっては馴染みのないミュージアムでも、大人のちょっとしたサポートで、こどものミュージアム体験は記憶に残るものとなります。こどもだけでなく大人も気持ちを新たに「ミュージアム・デビュー」を考える本プログラムでは、そのちょっとした、けれども大切なコツをお伝えしました。詳しくはこちら

DSC04476

冒険が終わった後は講堂に戻って、コースごとに異なる「注目作品・建築スポット」のシールやカードを使い、今日プレゼントした冒険ノートに早速オリジナルの冒険記録を作成しました。思い思いの記録が書けたら、今日の活動は終了です。

DSC04372

今日の「ミュージアム・デビュー」をきっかけに、これからたくさん上野公園を冒険してくれることを楽しみにしています。

執筆|柿澤香穂(東京都美術館 アート・コミュニケーション係)

 

 

プログラム: オープンデイ「キュッパ・チャンネル」 |
投稿日: 2019年10月5日