Facebook

En

活動ブログ

MENU

2019年度 オープンデイ「キュッパ・チャンネル」

オープンデイ キュッパ・チャンネル③(2019.11.2)
〈リピーター・プログラム:キュッパ部〉

11月2日(土)、木々が秋の色に変わり始めた上野公園を舞台に、今年度3回目のファミリー向けプログラム「キュッパ・チャンネル」が開催されました。

IMG_4989 061_MG_0332
_MG_7309 DSC04968

 撮影:中島祐輔(右上写真)

 

「キュッパ・チャンネル」は、ものを集めるのが大好きな”キュッパ”のように、いろいろなものにアンテナを張って、好きなものを、見つけて集めてみることができる、スペシャルな1日。この日開催された4つのプログラムの参加者333名と41名のアート・コミュニケータ!上野公園のミュージアムを舞台に、大人とこどもがそれぞれのチャンネルでミュージアムを楽しみました。

それぞれのプログラムの様子はこちらから!

 

▶︎「デビュー・プログラム
▶︎「リピーター・プログラム:ぼうけん部
▶︎「ムービー部

 

 

==========

リピーター・プログラム:キュッパ部

==========

11月2日に開催された「キュッパ部」では、18組の子どもたちとその保護者が上野公園を舞台に活動をしました。それでは、この日の活動の様子をお届けします!

キュッパ部は、絵本「キュッパのはくぶつかん」のストーリーを題材に、主人公の丸太の男の子 “キュッパ” のように、自分の周りに広がる世界をよく観察し、誰かとまなざしを共有する楽しさを体験するプログラムです。

1

プログラムは、「キュッパのはくぶつかん」の読み聞かせからはじまります。
森でいろいろなものを集めてくるのが大好きなキュッパが、集めたものを分類して、ラベルを貼って、みんなにも見てもらうために博物館を開き、最後は記録に残したり、森に戻したり、リサイクルしたり・・・。読み聞かせを聞いて、キュッパの世界にみんなで入り込んでいきます。

2

3

 

キュッパの世界を共有したら、アート・コミュニケータ “とびラー” と、栗田宏一さんの作品《SOIL LIBRARY/JAPAN》(2015)を鑑賞します。微細な色のちがいを観察した土のコレクションです。
みつめて・あつめて・ならべるための心と目の準備ができたところで、上野公園に出発です!

4

 

上野公園は、木の葉や枝、石やガラスや陶器の欠片など、よーくみてみるとさまざまなモノであふれています。普段は何気なく通り過ぎてしまう道にも、形や色がひとつひとつちがう葉っぱや石、太さや表皮の感じがちがう枝があることに気付かされます。

私たちもこの日はキュッパのように、モノをよくみつめて、心がひかれるものをあつめていきます。みんなの透明の手持ち袋の中に、いろんなモノがあつまっていました。

6

 

東京都美術館にもどったら、あつめたものを真っ白な紙の上に広げてみます。同じ場所でものをひろったはずなのに、そこに広がるものは一人一人まったくちがうのがおもしろいところです。広げたものをよく見つめながら、小さな博物館にみたてた木箱の中にならべていきます。

7

8

9

入れては取り出し、また並べては変える。そんな手の動きをくりかえしながら、自分が「なんだかしっくりくるな」と思うならびを探っていきます。

 10

11

12

 

ならべるモノ・ならび方が決まったら、「マイ・ミュージアムボックス」小さな標本箱の完成です!

 13

さいごに子どもたちは、キュッパのように “小さな博物館” の中にならべたもので、アルバムや標本箱をつくりました。

14

15

16

 

緑や黄色の手作りの綺麗な箱におさまったモノは、いちだんときらめいていました。
キュッパ部に参加した子どもたちが “キュッパのように素直に世界をみつめる目” で自分のまわりの日常の世界をみつめてみたら、いままで見えてこなかったものが見えてくるかもしれませんね。


 

執筆|渡邊祐子(Museum Start あいうえの プログラム・オフィサー)

 

プログラム: オープンデイ「キュッパ・チャンネル」 |
投稿日: 2019年11月2日