Facebook

En

活動ブログ

MENU

2019年度 オープンデイ「キュッパ・チャンネル」

オープンデイ キュッパ・チャンネル④(2019.12.15)
〈デビュー・プログラム〉

2019年12月15日(日)、冬の気配が感じられる上野公園で、ファミリー向けプログラム「オープンデイ キュッパ・チャンネル」が開催されました。

IMG_5169 アイキャッチ_キュッパ部

ムービー部_192_MG_2062 ぼうけん_056_MG_1774
撮影:中島佑輔(左上以外写真3点)

 

「キュッパ・チャンネル」は、ものを集めるのが大好きな丸太の男の子”キュッパ”のように、いろいろなものにアンテナを張って、好きなものを見つけて集めることができる、スペシャルな1日です。

この日は全部で4つのプログラムが同時開催!総勢約300名の参加者と、40名のアート・コミュニケータが、こどもも大人もそれぞれのチャンネルに合わせて、上野公園のミュージアムを楽しみました。

 

それぞれのプログラムの様子はこちらから!

 

「リピーター・プログラム:ぼうけん部」

「リピーター・プログラム:キュッパ部」

「ムービー部」

 

==========
デビュー・プログラム
==========

「デビュープログラム」は、はじめて「あいうえの」に参加する家族のためのプログラム。展示室空間と作品を丁寧に観察する「展覧会鑑賞コース」と、東京都美術館(以下、都美)の建築を広く深く観察する「こども建築コース」の2つを用意しています。
都美の講堂を会場に、午前と午後の2回実施され、約70組のファミリーが参加しました。プログラムを担当したのは都美の河野佑美と柿澤香穂です。

zUun4N60RtacukbBMwA3yA_thumb_de

はじめに「Museum Start あいうえの」のこと、受付でプレゼントした「ミュージアム・スタート・パック」の使い方、今日のプログラムについて、スライドやビデオで紹介。その後、こどもたちは保護者と分かれ、とびラーと一緒に活動開始です。

IMG_5231-2 IMG_5232

チームでの活動は、「ミュージアムとはどんなところか」をテーマにした、とびラーによる紙芝居から始まります。これから観察しに行く場所の紹介を受け、こどもたちのワクワク感も高まります。

 

 

【展覧会鑑賞コース】

それぞれ導入の活動が終わったら、展覧会鑑賞チームはいよいよ展示室へ。

今回の会場は、上野アーティストプロジェクト2019「子どもへのまなざし」展(2019年11月16日~2020年1月5日)です。

 

展示室に入ったらまずは作品鑑賞を…となりがちですが、このプログラムではまず、展示空間の観察からスタートします。

気になる発見があったらその都度立ち止まり、みんなでじっくり観察しながら展示室に慣れていきます。

IMG_5146

会場をぐるっと一周したら、チームリーダーの「みんなで見たい作品」、それからチームみんなで相談して決めた「気になる作品」をじっくり鑑賞する時間。

 

IMG_5165

ぐっと作品に近づいたり、

IMG_5169

時には座って下から眺めてみたり、作品をじっくり堪能しました。

IMG_5179IMG_5174

後半になると徐々にこどもたちの発話は増え、最初はぽつぽつと紡がれていた対話も、いつの間にか活発なものへと変化していた様子がとても印象的でした。

 

【こども建築コース】

一方こども建築コースでは、とびラーだけでなく開扉(カイピ:任期満了)したアート・コミュニケータと一緒に、色や形、素材といった切り口で都美の建築を広く深く観察しました。

 

DSC_2443

各グループにはそれぞれ異なる「行き先」を設定しており、ヒントは都美建築の一部を円形にトリミングした写真のみ。こどもたちはこれをてがかりに館内を冒険します。

DSC_2389

冒険のお供は「じろじろ観察カード」。円形に切り抜かれたページがあるので、スケッチやメモができるだけでなく観察対象をトリミングするフレームとしての機能も。これを使用することで、気になる部分によりフォーカスして観察することができます。

 

DSC_2383

冒険中は入口まで行って地上の目線で都美の全体を把握したり、

DSC_2503

公募棟の1番上にある大きなガラス張りの休憩室まで行って上から建物を俯瞰したり、

DSC_2459

じっくり触ってみたり、

DSC_2370

都美の建物を余すところなく堪能しました。

 

【保護者ガイダンス】

こどもたちが活動している間、保護者の方向けのガイダンスも行いました。ここでは、親子でミュージアムを楽しむコツをお伝えしました。(詳細はこちらからご覧いただけます!)

 

スクリーンショット (63)

 

【観察を終えて】

作品や建築をじっくり観察してきたこどもたち。講堂に戻ったら、今日感じたこと、気付いたことを記録するワークを行いました。

IMG_5292

今回用意したのは、「子どもへのまなざし」展の作品カードや…

DSC_2397

 

都美建築の一部を円形に切り抜いたカードなど…

IMG_5212 IMG_5203

展覧会鑑賞コースに参加したこどもたちは冒険ノートに作品カードを、こども建築コースに参加したこどもたちは先ほどご紹介した「じろじろ観察カード」に円形カードを貼って、自分だけの記録を作成しました。

これらは、実は展覧会のチラシを切り抜いたり、写真を切り抜いたりしただけ。ミュージアムで手軽に手に入るものでもちょっとした工夫をすることで、体験の記録は豊かなものとなります。

 

今日の体験をきっかけに、次はまた新たな冒険の舞台に出かけ、オリジナルの記録作りにチャレンジしてもらえたら嬉しいです。

 


 

執筆|柿澤香穂 (東京都美術館 アート・コミュニケーション係)

プログラム: オープンデイ「キュッパ・チャンネル」 |
投稿日: 2019年12月15日