Facebook

En

活動ブログ

MENU

2019年度 オープンデイ「キュッパ・チャンネル」

オープンデイ キュッパ・チャンネル④(2019.12.15)
〈リピーター・プログラム:キュッパ部〉

2019年12月15日(日)、冬の気配が感じられる上野公園で、ファミリー向けプログラム「オープンデイ キュッパ・チャンネル」が開催されました。

IMG_5169  アイキャッチ_キュッパ部

ムービー部_192_MG_2062 ぼうけん_056_MG_1774
撮影:中島佑輔(左上以外写真3点)

 

「キュッパ・チャンネル」は、ものを集めるのが大好きな丸太の男の子”キュッパ”のように、いろいろなものにアンテナを張って、好きなものを見つけて集めることができる、スペシャルな1日です。

この日は全部で4つのプログラムが同時開催!総勢約300名の参加者と、40名のアート・コミュニケータが、こどもも大人もそれぞれのチャンネルに合わせて、上野公園のミュージアムを楽しみました。

 

それぞれのプログラムの様子はこちらから!

 

「デビュー・プログラム」

「リピーター・プログラム:ぼうけん部」

「ムービー部」

 

==========
リピーター・プログラム
キュッパ部
==========

12月15日開催の「キュッパ部」では、25組のこどもたちとその保護者が上野公園を舞台に「ものを見つめる」活動をしました。

キュッパ部は、絵本『キュッパのはくぶつかん』のストーリーを題材に、主人公の丸太の男の子“キュッパ”のように、自分の周りに広がる世界をよく観察し、誰かとまなざしを共有するプログラムです。プログラムには、これまで「Museum Start あいうえの」のプログラムに参加したことのあるこどもが活動します。

 

IMG_0132

この日、東京都美術館のアートスタディルームには、小学生〜中学生までのこどもたちとその保護者が集いました。「ミュージアム・スタート・パック」の冒険の記録を、久々に再会するアート・コミュニケータ(愛称:とびラー)に見せるこどもたち。

IMG_0144

プログラムのはじまりは、絵本『キュッパのはくぶつかん』の読み聞かせから。
絵本の中でキュッパは、森でいろいろなものを集めて分類し、ラベルを貼って、みんなにも見てもらうための“はくぶつかん”をひらきます。最後は記録に残したり、森に戻したり、リサイクルしたり・・・。
キュッパの物語をきっかけに、こどもたちはものを見つめること、集めること、ミュージアムのことに思いをめぐらせていきます。

 

IMG_0350

キュッパの世界にみんなで入りこんだところで、何千種類もの土を採取・収集する栗田宏一さんの作品《SOIL LIBRARY/JAPAN》(2015年)を鑑賞しました。
「いろんな場所のラベルが貼ってあるよ」「よく見ないと色のちがいがわからない」とこどもたち。とびラーが、「栗田さんはわずかなちがいに気づく目をもっているんだね!」とことばを返します。

 

IMG_0358

こどもも保護者も、みつめて・あつめて・ならべるための心と目の準備ができたところで、上野公園に出発です!

 

冬の上野公園は、カラフルに色づいた木の葉や枝、石やガラスや陶器の欠片など、さまざまなものであふれています。
普段はただ通り過ぎてしまう道。でも、キュッパになったつもりで世界を見渡すと、形や色がひとつひとつちがうことに気づかされます。

194_MG_2070
201_Q7A0174
203_Q7A0177
 撮影:中島佑輔(上3点)

 

足をとめてものを見つめ、心の向くままにひかれるものを集めていきます。

こどもたちが手に持つ透明の袋には、少しずついろいろなものが集まりました。

 

IMG_0221 IMG_0218 IMG_0217

東京都美術館に戻ったら、集めたものを真っ白な紙の上に広げてみます。こうして紙の上に広げてみると、自分がどんなものを集めてきたのか、ひとつのまとまりとして見えてきます。

同じ場所でものを拾ったはずなのに、そこに広がるものは一人一人まったくちがうのがおもしろいところ。

IMG_0236

広げたものをよく見つめたら、つぎに「小さな博物館」にみたてた木箱を机のうえに置いて、その中に集めたものを“ぶんるい”して、ならべていきます。

 

「自分が“なかま”だと思うものを箱のなかで近づけて並べて“ぶんるい”してみよう!」

こどもたちは、入れたり、出したりをくりかえしながら、自分が「なんだかしっくりくる」と思うもののならびを探っていきます。

 

IMG_0262_edited IMG_0275 IMG_0270

ならべるものと、ならび方が決まったら、タグにボックスのタイトルを書いて、小さな表本箱「マイ・ミュージアムボックス」の完成です!

 

IMG_0434 IMG_0317

さらにこどもたちは、キュッパのように小さな博物館の中にならべたもので、アルバムや標本箱を作りました。

小箱におさまったモノは、いちだんと存在をきわだたせています。

 

“キュッパのように素直に世界をみつめる目” は保護者たちにも共有されました。

「こどもが帰り道に枝や石を拾ってくる理由がわかった気がする。」と、参加者のお母さん。

 

自分のまわりの日常の世界をみつめてみたら、いままで見えてこなかったものが見えてくるかもしれませんね。

 


 

執筆|渡邊祐子(Museum Start あいうえの プログラム・オフィサー)

プログラム: オープンデイ「キュッパ・チャンネル」 |
投稿日: 2019年12月15日