Facebook

En

活動ブログ

MENU

2019年度 オープンデイ「キュッパ・チャンネル」

オープンデイ キュッパ・チャンネル②(2019.10.5)
<ムービー部>

2019年10月5日(土)、今回で2回目を迎えるオープンデイ「キュッパ・チャンネル」が開催されました。

167_MG_9582 DSCF1023

080_MG_9447 266_MG_9852

撮影:中島佑輔(右上以外写真3点)

「キュッパ・チャンネル」は、ものを集めるのが大好きな丸太の男の子”キュッパ”のように、いろいろなものにアンテナを張って、好きなものを見つけて集めることができる、スペシャルな1日です。

あいうえのに初めて参加する人向けのデビュー・プログラム、これまでにあいうえのに参加した人向けのリピーター・プログラム、年間通じて参加するムービー部が実施され、計5種類ものプログラムが同時開催しました。

この日あつまった人の数は、なんと377名!台風が近づいていて、天気に不安をかかえていましたが、当日は最高気温が31度の真夏日になりました。それぞれが迎えた”あつい”プログラムの様子をお伝えします。

それぞれのプログラムの様子はこちらから!

 

「デビュー・プログラム」

「リピーター・プログラム:ぼうけん部」

「リピーター・プログラム:キュッパ部」

 

=====

ムービー部
=====

「ムービー部」は、デビューする人もリピーターの人も参加できるプログラム。5回連続で開催するうちの2回目が、この日開催されました。

“ミュージアム・チューバー”を目指して、今回は16名の参加者が再会しました。

講師で映像作家の森内康博さんがみなさんを迎えます。

IMG_6746

今回は東京藝術大学の講義室が活動拠点です。久しぶりに顔を合わせるメンバー同士、朝はまだ緊張気味の様子。

森内さんより、前回制作した映像を見ての総評と、今回意識してほしいポイントが話されました。

「それぞれの映像から、自分ならではの視点がよく出ていました!

ただし、もっとクオリティを上げるには・・・」というアドバイスが。

そして、「ミュージアム・チューバー」として大事な心得って何だろう?という森内さんからの問いかけに、参加者みんなで考える時間もありました。

IMG_6736

これからの活動において鍵となる「ミュージアム・チューバー」としての心構えを確認したら、いよいよ今日の冒険(ロケハン)へ!

IMG_6757

今日の行き先は上野恩賜公園。

今回も、3つのグループに分かれました。作品グループは「人の手によって作られた、自分が作品と思うもの」を、情景グループは「消えてしまいそうな上野公園の風景」を、人間グループは「上野公園にいる人」を、それぞれ探しに出かけます。

IMG_6803

IMG_6801

お昼を食べたら午後はシナリオを書く時間です。

午前中に見つけたものについて、どんな風に紹介したいかを言葉にしていきます。

224_MG_9762

撮影:中島佑輔

そうしていよいよ、機材を使っての撮影タイム。

今回は、前回よりも撮影時間を倍にして行いました。

というのも、今回は「上野公園にいる人」の撮影についてはぶっつけ本番。撮影時間内に声を掛け、撮影の許可を取る、というステップを参加者自身に踏んでもらいました。

IMG_6854

そのために、今回は「ミュージアム・チューバー」の名刺や同意書も用意して、上野公園にいる人々に積極的にアタック!

236_MG_9783

撮影:中島佑輔

断られてしまうという経験もしたそうですが、無事に全員が、撮影することができました。

こどもたちにとっても、この活動の理解を得るために自分の言葉で伝え、大人に声をかける経験はスリル溢れる体験となったようです。

276_MG_9868 285_MG_9892

上3枚撮影:中島佑輔

2回目を経て、チーム力も上がったようでした。

たくさんの苦労もありましたが、本日も無事に長い1日が終了!

IMG_6864

最後にお迎えに来た保護者の方に、出来立ての映像を2本だけ紹介して本日の活動は終了。

“ミュージアム・チューバー”たちが制作した映像たちは、「あいうえの動画チャンネル」で公開されているので、ぜひ見てください!

執筆|鈴木智香子(Museum Start あいうえの プログラム・オフィサー)

プログラム: オープンデイ「キュッパ・チャンネル」 |
投稿日: 2019年10月5日