Facebook

En

活動ブログ

MENU

2013(平成25)年度 のびのびゆったりワークショップ

日曜日スペシャル「のびのびゆったりワークショップ」第2回 (2013.10.6)

10月6日(日)、2回目の〈日曜日スペシャル〉「のびのびゆったりワークショップ」です。このワークショップは障害のある子どもと障害のない子どもが共に参加する、全6回・2週間ごとに行われるプログラムです。
1006_MG_2499
前回同様、とびラーがシャボン玉で子どもたちを迎えました。

1006_MG_2805
初回ワークショップの後、子どもたちのところに届いたとびラーからのメッセージ入り葉書。葉書のイメージは、第1回ワークショプの痕跡(展示室で磁気ボードに描いた線画など)で、そこに色を塗って第2回ワークショップに持ってきた子どももいました。壁に貼ってみんなの「のびのびゆったり美術館」ができました。

1006_MG_2524
今日もはじまりは長いロール紙にシャボン液でぶくぶくと描きます。
1006_MG_2527
ぶくぶく、ぶくぶく。

1006_MG_2538
1006_MG_2541
前回のロール紙は、白の透けない紙でしたが、今日の紙はトレーシングペーパー。みんなで持ち上げて下から見上げてみると・・・
セロファンを上から投げ入れ、色を加えました。

ここからは、学年ごとのグループに分かれ、光と色の交わりを楽しみながら「光の作品」づくり。あっちでもこっちでも、光と色の実験や、見上げる姿がたくさん見られます。
1006_MG_2569

1006_MG_2727

1006_MG_2609

「光の作品」は、トレーシングペーパーを貼ったボックスに、片段ボールの帯で作った好きな形を配置し、セロファンを色とりどり重ねていきます。
1006_MG_2581

1006_MG_2590

1006_MG_2732
出来上がり!
天井から垂らした凧糸に、それぞれの「光の作品」を引っ掛けて並べました。

1006_MG_2774
みんなで鑑賞です。

1006_MG_2515
子どもたちのワークショップ中、隣の部屋では・・・保護者を対象としたアートカードゲームが行われました。アートカードは学校と連携した鑑賞の授業にも使用している教材で、絵の楽しみ方のエクササイズになる、コミュニケーションゲームです。

1006_MG_2799
最後は保護者の方も合流しました。「ぼくの作品はこれだよ」と一緒に見上げたり、共に活動したとびラーから、今日の活動の様子をお話したり。

光と色の交わりを味わいながら、とてもたくさん上を見上げたワークショップでした。

プログラム: のびのびゆったりワークショップ |
投稿日: 2013年10月6日