Facebook

En

活動ブログ

MENU

2014(平成26)年度 放課後のミュージアム

放課後のミュージアム:第3回(2014.9.17)

午後3時前、学校を終えた放課後のメンバーがアトリエ(東京都美術館アートスタディルーム)に集います。この日はアトリエで、全員で「線」にまつわるアクティビティをしました。

s_1170622_r

ガラス瓶に、色々な色を作っておきます。とびラーが持ち寄ってくれた瓶です。

s_1170782

たくさんの色の中から好きなものを選びます。誕生日順になり(年齢はまざります!)、お題をきいて線をかいていきます。

s_1170821

まずは、〈ほそーくて、まっすぐな線〉。

sc_140917_13.35.52 sc_140917_13.37.44 sc_140917_13.39.28

〈やさしい点線〉たち。

s_1170915

s_1170879

s_1170957

〈紙のなかを旅する線〉から、〈こんがらがってこんがらがって、おうちに帰る線〉。

s_1170989

それぞれがかいた線をつなげて、一本の自分の線にします。自分が旅してきた線をよくみて、隣のひとの線もみてみよう。同じ言葉からイメージして、十人十色の線が現れます。ひとりひとりの壮大な旅の道のりです。「旅が終わらない!」その通りですね。

その後、今度は背の順になり…、

「長い線をひきます。背の高い人が一番上。次の人は輪唱みたいに。次の人は前の線になるべく近く、でもくっつかないようにして、つづいて順番に。」

s_1180090

一筆で勢いをつけて線をひいたり、少しずつ筆を置きながら、塗るようにしていったり。

前をいく人の線と混ざってしまって嬉しくなかったり、逆に混ざった色がきれいで驚いたり。

s_1180205

進む先に、上からたれた線が現れたら? 上から塗っていく、筆を浮かせて飛び越える。それぞれの方法で返事をするように、線をかいていきました。

s_1180295_r

壁の端から端まで、みんなでかいた長い線。前のひとの線、自分の線。近づき、混ざり、よけて、飛び越えながら。このなかに様々なドラマが秘められています。

 

- – -

Museum Start あいうえの プログラム・オフィサー
石井 理絵

プログラム: 放課後のミュージアム |
投稿日: 2014年9月17日