Facebook

English

活動ブログ

MENU

2014(平成26)年度 放課後のミュージアム

放課後のミュージアム:第9回(2014.12.10)

これまではいくつかの行き先ごとに分かれることが多かったフィールドワークですが、この日は集まった25名全員で国立科学博物館へ出かけます。

でかける前に、アトリエでことばのカードと写真をみて、思い浮かぶことを話したり、写真に写っているものが何か想像してみたりしてみます。〈コレクション〉〈自然〉〈人生〉〈野生〉〈剥製〉ということばが書かれたカードや、〈書類が沢山入った棚〉〈緑色のフィールドノート〉〈世界地図〉〈カメラ〉〈カバン〉が写っている写真があります。

s_1280218_r

〈カバンの写真〉

―これが一番気になる。スーツケース? 出かける時に持っていく。(どういうところにいく?) ジャングル。寒いところとか遠いところ。

〈コレクション〉

―ぼくのコレクションは電車。―石とかたくさん持っているよ。

少し気持ちをほぐしたら、みんなででかけます。

s_1280306

展示『ヨシモトコレクションの世界』へ。

s_1280455

展示室の吹き抜けを見上げると…「!」。

s_1280413

ここはちょっと変わった、ヨシモトさんの研究室のようです。

最初はメモをとらないで展示室をみていきます。

出かける前に見た写真の実物が展示されていたり、連想したことばが展示に大事なキーワードだったり。さっき想像したことと今目の前にしている光景が、どこかでつながったかな。

s_1280485

ラウンジで、気になったもの、もう一度よくみたいものを紙に書き出してみます。

s_1280558

他の子は何が気になったんだろう?

_MG_2071_r_s

「もう一度みてかきたい」今度は、自分が気になったもの、よくみたいものをみに、展示室へ戻ります。

s_1280615

それぞれ、真剣な眼で観察しています。

s_1280680

剥製に縫い目があるのを見つけ、中がどうなっているかを他の子と話し合って考えたり、不思議に思ったことのこたえを探して展示物やキャプション、その他、その場から得られる情報を自分でよくみてまわったりしています。

観察。

アトリエに戻ってきたら、ちょっと目をつぶって、さっきのことを思い出して。

s_1280823_r

描いたものを見合って、話をしよう。

剥製を通した生き物への興味の強さは、みんなに共通していたようです。

剥製のなかに何が入っているか考えたこと、「シマウマの眼が悲しそうだった」と思ったこと、だからシマウマの絵を描いたこと、眼が濡れているように見えたこと。見たとおりに絵に描いてみると、眼の位置が見た目と違うように感じること。みたり、聞いたり、描いたりして、様々な発見がありました。

『ヨシモトコレクションの世界』で覗いたヨシモトさんの世界。みんながこれまでに考えたり感じたり、書いたり作ったりしたことを集めたら、きっとみんなの世界が見えてくる。これまでの放課後のミュージアムでのことを集めてもいいかもしれません。

それはほんの一面だったり、ひとかけらかもしれないけれど、自分を表す一部です。これからどんな自分の世界ができていくか、楽しみです。

 

撮影協力:加藤 健

 

Museum Start あいうえの プログラム・オフィサー
石井理絵

プログラム: 放課後のミュージアム |
投稿日: 2014年12月10日