Facebook

En

活動ブログ

MENU

2014(平成26)年度 ホームカミングデイ

ホームカミングデイ・日曜日スペシャル(2014.9.7)

ミュージアム・デビューをしたこどもたちに、ずっと上野公園のミュージアムを楽しみ続けてほしい!ホームカミングデイは、これまで「あいうえの学校」に参加したこどもたちが、もう一度ミュージアムにあつまる日です。

9月7日(日)、昨年度「日曜日スペシャル のびのびゆったりワークショップ」に参加した障害のあるこどもたちを含むすべてのこどもたちと、アート・コミュニケータ(愛称:とびラー)、すぎ先生が再会して一緒に上野公園とミュージアムを楽しむ1日を開催しました。

昨年と同様、とびラーとすぎ先生が東京都美術館の屋外彫刻作品「My sky hole」の近くで、シャボン玉を吹きながらこどもたちがやってくるのを待っています。
1
久しぶりの再会、なんだかはじめは少し恥ずかしかったけど、一緒にシャボン玉を吹くうちに、少しずつ緊張も和らいでいきます。
2
こどもたち同士も1年ぶりの再会です。1年の間に、みんな身体が少しずつ大きくなりました。時間の流れを感じながら、それでも、ついこの間会ったばかりのような不思議な気持ちです。

3
みんなあつまれ〜。すぎ先生のかけ声でワークショップがスタートです。
今日1日の流れを確認して、みんなでアトリエに移動します。

4
アトリエに着きました。
みんなで自己紹介。今、一番好きなことは何かな?1年前と変わっているかな?

今日は、これから東京都美術館の企画展「楽園としての芸術」展を鑑賞します。
5
展覧会へ向かう心の準備です。どんな作品が好きかな?
展覧会会場での約束事(走らない・触らない・小さな声でしゃべろう)もアトリエで確認してから、会場へ向かいます。
6-1

展覧会会場では、こどもたち1人1人にとびラーがマンツーマンで寄り添います。

6-2

展覧会観賞後は、色や素材と出会い、手を使って創作開始です。

8
たくさんの素材がテーブルに並んでいます。どの素材を使おう…?どの色がいいかな?
とびラーと協力したり、お話したりしながら創作を楽しみます。
7-27-47-3
大好きな電車をつくったり、えのぐを筆先で自由に散らせたり。竹ひごを使ったら、どんな色がつくだろう?
いろいろな素材を使って、自由にのびのび制作します。

9
途中から保護者のみなさんも合流です。
今日作った作品の話はもちろん、この1年間のお話など、久しぶりの再会を楽しみます。

10
最後は記念撮影です。
上野のミュージアムで出会い、一緒に活動したお友達、そして冒険の仲間。
学校とはちょっと違うけど、共に過ごした体験が、時間を経ても結びつけてくれます。

またミュージアムに冒険に来てね。
みんなに会えることを、これからも上野で楽しみに待っています。

プログラム: ホームカミングデイ |
投稿日: 2014年9月7日