Facebook

En

活動ブログ

MENU

2014(平成26)年度 ホームカミングデイ

ホームカミングデイ・放課後の美術館(2014.12.17)

昨年度の放課後の美術館最後の日から約10ヶ月。卒業したメンバー対象の「ホームカミングデイ」が開かれました。ひさしぶりに会うメンバーたちを迎えるため、半年間水曜日をともに過ごしたアーティストの岩田とも子さん(いわともさん)ととびラーさんたちが、そわそわ準備中。こどもたちだけでなく、おとなたちにとってももういちどこの場所にかえってくる「ホームカミングデイ」のはじまりです。

こどもたち、保護者のかた、とびラーさんを合わせて41名の参加になりました。
_MG_1134_r_s

この日を迎える前に、みんなにはひとつ、してきてほしいことがありました。それは、「家のなかの自分の部屋、または自分のお気に入りの場所を、絵や、図にして描いてきてください」ということ。
事前に届けたメールには、いわともさんからのメッセージ。

「『机の上には手作りの置物が飾ってあって、
天井には光るペンで星が描いてあって、
窓の外にある屋根をノラ猫がよく歩いていて…』
みんなの部屋やお気に入りの場所にはどんなものが置いてあって、
どんなものがみえたり聴こえたりするのかな?
その場所をよーくみまわしたら、新しい発見やひらめきが隠れているかもしれないよ。
そこから何がはじまるかな?
12月17日、みんなからのただいま!の声が聴こえてきそうな一日を楽しみにしています。」

_MG_1164_r_s
到着したら、描いてきた(作ってきた)絵を壁に展示します。とびラーさんも描いてきてくれました。

IMG_1817_r_s

壁一面の本棚や、猫がいっしょにいる部屋、机の下のひみつ基地のような場所に、落ち着くトイレ。図書室もあります。中には飛び出す絵本のように作られた、窓からの風景も。お気に入りの場所をみんなに紹介します。

_MG_1235_s

いわともさんは瀬戸内海の粟島という島で行なったプロジェクトのお話をしてくれました。

_MG_1243_s

島の学校を船に見立て、自然の物を島から採集して積荷とし、お客さんがそこで標本を作る…など、思わず、帰り道に気になるものを拾って持って帰りたくなるようなお話です。いわともさんがそのとき学校の教室を「船室」としたことが、みんなが描いてきた「部屋」やお気に入りの場所とつながります。

 

_MG_1256_r_s

描いてきた自分の部屋が、もっとこうだったらいいな、という部屋をつくってみよう。必要な素材を探して、

_MG_1378_s

どんどん手が動きます。

 

IMG_1791_s

この日はご家族も、「こういう場所にしたらもっといいな」という家のどこか、または「こどもの頃こうだったなあ」という記憶の中の部屋を作ってみます。

たくさんの素材を前に、みんながものすごい集中力を発揮しています。ものを吟味する熱い視線、手を動かして試し、変化させていくスピード感。

おとなもこどもも真剣なこの瞬間、すぐ隣にあるエネルギーを感じながら、ともに何かに向き合い、この場が作られています。

_MG_1434_s

最後にみんなの部屋を並べてみると…

_MG_1521_r_s

色々な部屋が集まった、ひとつの〈ホーム〉になりました。

部屋のとびらの向こうは、なかまの世界につながっています。ひとつひとつの部屋が濃密なストーリーを持っています。

IMG_1847_s

扉や、

_MG_1578_r_s

樹もあります。

ひさしぶりにミュージアムにかえってきたなかまたちがつくった〈ホーム〉。自分の家や学校に戻っても、この〈ホーム〉は冒険でつながっています。このあとも、なかまの世界、新しい世界を自在に行き来するみんなの姿を思い描いて、また出会える日を楽しみにしています。

 

- – -

Museum Start あいうえの プログラム・オフィサー
石井 理絵

プログラム: ホームカミングデイ |
投稿日: 2014年12月17日