Facebook

En

活動ブログ

MENU

2014(平成26)年度 あいうえのものがたり

あいうえのものがたり:国立科学博物館編(2014.6.29)

あいうえの学校(個人向けプログラム)の「あいうえのものがたり」の第3回。東京国立博物館編(初回)→国立西洋美術館(第2回)につづき、本日は国立科学博物館編が行われました。 東京都美術館のアートスタディルームに集合したこどもたちを、石の標本や、石や土の絵本が迎えます(国立科学博物館からお借りしたものです!)。受付をすませたこどもたちはそれらに引き寄せられ…
_MG_8136_s
そしてプログラムが始まりました。
_MG_8160_s
モニターに絵を映しながら『キュッパのはくぶつかん』という絵本の読み聞かせ。“キュッパ”という主人公が身近にあるものを集めて、分類し、ミュージアムを作るお話です。モノを集めるってどういうこと?
_MG_8168_s
それをディスプレイする・並べるってどういうこと? 科学博物館からお借りした「土のコレクション」などを見ながら考えます。
そして国立科学博物館へ!アート・コミュニケータと共に出発です。
IMG_0239_s
_MG_8205s
日本館の石の展示を見に行きました。石の色や形、模様を丁寧に観察します。
_MG_8265_s
そして、自分たちでも集めてみよう!と上野公園に繰り出しました。
ひろって、洗って、乾かして。
_MG_8281_s
乾かしているうちにお昼ごはんを食べ、そして午後。
IMG_0398s
自分なりの法則に従って石を並べます。石のコレクションづくりです。
_MG_8324_s
出来上がったのをみんなで見合います。並べる法則は人それぞれ。
_MG_8352_s
やまぎしれいな_s よしむらしゅん_s

インターン東南さゆりさんが、プログラムの様子をドキュメントしました。参加したこどもたちとアート・コミュニケータの声がよく記録されており、こどもたちととびラーがどのようなコミュニケーションを通してプログラムを楽しんだのかがわかります。ぜひご一読ください。
documentation_a

プログラム: あいうえのものがたり |
投稿日: 2014年6月29日