Facebook

En

活動ブログ

MENU

2014(平成26)年度 平日開館コース

平日開館コース:南池袋小学校(2015.3.20)

3月20日午前、今年度最後の「平日開館コース」が実施されました。本日は豊島区立南池袋小学校の4年生2クラスのみなさんが開催中の「新印象派」展の鑑賞に来館しました。Museum Start あいうえのスタッフとアート・コミュニケータ(とびラー)が準備した鑑賞ボックスを利用して事前授業でしっかり準備をしてきてくれました。美術館での大切な3つの約束もバッチリです。

★ブログ用

ー鑑賞ボックス:教員の日で出展した際の様子

_MG_6390

今日鑑賞する展覧会についてなどの説明を聞いたら、とびラーさんとご対面。各グループで一緒に鑑賞をするとびラーさんと自己紹介。この日は、展示室内で全体を見守ってくれる〝見守りとびラー〟さんも一般来館者をケアしながらこどもたちの活動をサポート。

_MG_6394_MG_6392

展示室ではグループに分かれて作品を鑑賞します。先ずは、グループみんなで会場をぐるりとまわり展示室という〝空間〟を把握します。それぞれの階で壁紙の色が違うことや、絵だけではなく絵の具やパレットがあること、それぞれの絵によって額縁が違うことなど、色々なことに気がつきます。

_MG_6413

「なんでそう見えたのかな?」「他のひとはどう思う?」「作品との距離が違うと見え方は変わるのかな?」グループ鑑賞では、とびラーさんがこどもたち全員の声にしっかり耳を傾けます。〝対話〟による鑑賞で作品に対する自由な意見がどんどん引き出され、作品の世界に引き込まれます。

_MG_6424_MG_6442

活動の後半は個人で鑑賞します。気がついたことや不思議に思ったこと、みんなに教えたいことなど、なんでも書き込める〝つぶやきシート〟を片手にそれぞれ事前に選んできたお気に入りの作品とご対面。カタログで見ていた色や想像していた大きさなどを確認。本物との出会いで、作品の気付きがどんどんと言葉になって出てきます。

_MG_6461

あっという間に時間が過ぎて再びグループで集合。まだまだ伝えたいことがたくさん!アトリエに戻ったら、それぞれが発見したことや感じたことをグループのみんなに紹介します。「白に見えていた羊が、赤や青をつかって描かれていたよ」「煙がうごきだしそう」色々なお話にとびラーさんも興味津々です。

_MG_6466

2014年度はMuseum Start あいうえのの学校向けプログラムとして1年間で18校の学校(クラス)がご参加いただき、700名以上のこどもたちがミュージアムデビューをしました。これからもミュージアムでの冒険を続けてくれること 期待しています。

プログラム: 平日開館コース |
投稿日: 2015年3月20日