Facebook

En

活動ブログ

MENU

2015(平成27)年度 放課後のミュージアム

放課後のミュージアム:第5回(2015.10.14)

5回目の放課後のミュージアムは、『よくみることと、身体感覚』をテーマにしたフィールドワークです。

いつも通り、アトリエに来ると自分で今日の行き先を決めるところから始まります。
この日の行き先は、国立西洋美術館、東京都美術館、恩賜上野動物園の3カ所。

今日はどこに行こうかな?

 

【 行き先1:国立西洋美術館 】

国立西洋美術館は、その名前の通り、西洋美術の作品を扱っている美術館。
まずは出かける前に、世界地図やポストカードを見ながら、西洋ってどこだろう?どんな作品があるんだろう?みんなで話しながら、想像してみます。

_MG_9636_m

そして、美術館のルールを確認しました。
美術館ってどんな場所?展示室にはどんなものがある?みんなで楽しく観るためには、どうしたらいいのかな?
大きな声を出さなくても、小さな声でお話すれば伝わるよ。丁寧に作品を観てみよう。

 

国立西洋美術館に到着。
今回は常設展を中心に、まずはみんなで作品を見てまわります。

何が描かれているんだろう?ここはどんな場所?

_001

彫刻作品もあるよ!

IMG_6868_m

 

そして、次は1人で見る時間。

今日のお題は、『ぼく/わたしが中に入りたいと思う絵を見つけて、その世界に入った感じを想像してみる』
それぞれが、気になる作品をじっと見て吸い込まれていきます。

この絵の中はどんな天気だろう?音は?においは?この場所からは、どんな景色が見えるんだろう。
それぞれが自分の時間の中で、まっすぐ作品に入り込みました。

_003

 

美術館を出ると、野外にも彫刻作品が。
ロダンの『考える人』の前では、みんなでポーズをマネしたりしながら、何を考えているんだろうと想像してみました。

IMG_6907_m

行き先2:東京都美術館 】

『放課後のミュージアム』も5回目で、みんな東京都美術館に来るのもそろそろ慣れてきた頃。
でも展示室に行くのは少し久しぶりかな? 今日は、東京都美術館の『モネ展』に出かけます。

モネってどんな人?どんな作品があるんだろう?

_MG_6919_m

そして展示室へ。この日も、モネ展はたくさんの人で賑わっていました。

はぐれないように、まずはみんなで展示室をまわります。
「こんなに大きい絵もあるんだ」展示室に来てはじめて分かることがたくさんありました。

IMG_6935_m

みんなで見たあとは、1人で見る時間。

『ぼく/わたしが中に入りたいと思う絵を見つけて、その世界に入った感じを想像してみる』をお題に、それぞれが自分の選んだ作品をじっくりと見てみました。
「私はあれを選んだよ」自分のお気に入りを他の子に紹介したり。本物の作品を前にブックに絵を書き込んだり。

 

展示室からアトリエに戻る途中では、東京都美術館の建物の模型を発見。
これはなんだろう。今いるのはどのあたり?みんな興味津々です。

IMG_6950_m

アトリエに戻ると、ブックが大活躍。
みんな自分で選んだ作品のこと、実際に見てきたことを集中してブックに書き込んでいました。IMG_6951_m

行き先3:恩賜上野動物園 

みんな、普段家族でお出かけすることも多いという動物園。
出かける前に、みんなで今日の冒険のヒントを確認します。

お題は、『ぼく/わたしがあの動物だったら』。からだはどんな感じがするだろう?
よく見て、観察して、身体のつくりを考えてみよう。
真似してみてもいいかもしれない。

 

さあ、出発!

_MG_9559_m

今日の目的地は西園です。
動物園に入ったらぐるっとまわって、最初にみえてきたのは、ペンギンやフラミンゴたち。

水と生活している動物は、どんな気持ちなんだろう?

「ペンギンはかわいいけど、くさいにおいがする」
「フラミンゴの方が水が濁ってるのに、くさくないよ」

_001

「緑の輪がついてるのは、おなか見せて泳いでる」

「1匹だけ、白いフラミンゴがいる」
「まだ生まれたばかりでピンクになってないから、熟成してないんだよ」

毛が生えていたら皮膚はどんな感覚なんだろう、羽が生えていたらどんな風に身体を動かすんだろう。
口の動き、耳の動き、身体の構造はどうなっているんだろう。
よーく観察してみる。

_002

アトリエに戻ると、みんな見てきたこと・気づいたことをどんどんブックに書き込みます。

_MG_9637_m_003

美術館で本物の作品を見たら、自分が中に入ったときの感じを想像してみる。
動物園で本物の動物に出会ったら、自分がその動物になったときの感じを想像してみる。

そんなふうにいつもと少し見方を変えてみるだけで、想像の引き出しはいっぱいあって、たくさんの発見が眠っていることに気づいた放課後でした。

プログラム: 放課後のミュージアム |
投稿日: 2015年10月14日