Facebook

En

活動ブログ

MENU

2015(平成27)年度 キュッパ部

キュッパ部:ビ・国立西洋美術館編(2015.8.1)

平成27年度のキックオフ・プログラムです。
「キュッパ部」と題したこのプログラムでは、東京都美術館で開催中の「キュッパのびじゅつかん—みつめて、あつめて、しらべて、ならべて」展を導入として、上野公園の他のミュージアムへでかけます。

ノルウェーで生まれた絵本『キュッパのはくぶつかん』の主人公キュッパは、物集めが大好きな丸太の男の子。『キュッパのはくぶつかん』のお話を導入にしながら、物を収集する過程の、そのワクワクした気持ちが伝わってくるようなコレクションや、何かを観察し、収集し、並べることを含むアーティストの作品が紹介されています。

午前中は展覧会を通して、キュッパのように身の回りの世界をクリエイティブに観察する練習をして、誰かとまなざしを共有する楽しさを体験します。お昼の休憩を挟み、午後からは上野公園のそれぞれのミュージアムで大切にされてきたものを、とびラー(アート・コミュニケータ)と一緒にじっくり観察し自分だけの発見をします。

8月〜9月にかけて全6回行われ、毎回異なる「冒険の行き先」を設定しています。

初回の本日の行き先は、国立西洋美術館 常設展。お昼の後にみんなで出掛けます。

東京都美術館に集合した参加者はアート・コミュニケータと共に〝キュッパのびじゅつかん〟展に出かけます。様々な角度から集められた作品を鑑賞。発見したこと、不思議に思ったことなどビビハドトカダブックにメモします。

IMG_0588

IMG_0590  IMG_0615

IMG_0563  IMG_0597IMG_0720IMG_0740

IMG_0731  IMG_0723

綺麗な色のグラデーションで並べられた砂、日本全国の郷土品、海で集めた触りたくなる石、いろんな種類のきのこまで。いつも近くにあるモノの見え方が変わります。たくさんの素敵な〝モノ〟を観察した後はお気に入りの物を集め、見つめ、並べて自分だけのオリジナルの標本箱をつくります。

IMG_0610IMG_0624

IMG_0626  IMG_0644IMG_0607DSCN4483DSCN4510DSCN4490

IMG_0851

IMG_0676  IMG_0678

IMG_0682  IMG_0680

こどもも保護者の方も様々な発見や好きな物、懐かしい物などそれぞれの個性が詰まった『標本箱』が出来上がりました。↓

IMG_0879IMG_0875IMG_0872IMG_0867IMG_0863IMG_0860IMG_0855IMG_0850IMG_0848IMG_0841IMG_0834IMG_0832

キュッパ展を楽しんだ後は、お昼休憩を挟んで〝国立西洋美術館〟へ出発です。

IMG_0751

チケット購入のために先に出発をした保護者の後を追って、こどもたちととびラーも出掛けます。

IMG_0753  IMG_0755_MG_4486

会場をぐるりと一回り。とびラーからミュージアムでの気をつけることなどを聞いたらさっそく親子で活動をします。

_MG_4521   IMG_0766IMG_0760IMG_0768

我家に飾るとしたらどの作品?というテーマで、お気に入りをひとつ選びます。春の絵がいいかな?少し大きすぎるかな?どうしてその絵がすきなの?など、作品を介して親子でそっと会話をします。

お昼休憩を挟んで10:00〜14:00と長時間でしたが、キュッパのびじゅつかん展での学びと、それを活かした西洋美術館での作品鑑賞によって、様々な発見やコミュニケーションが自然に生まれました。今日の経験を通じて、これからもキュッパのようにたくさんのモノに触れて、自分だけのミュージアムの冒険を続けてもらえたらと思います。

IMG_0786 IMG_0788

冒険の後は「証」も忘れずに。また上野公園に戻ってきてくれることを楽しみにしています。

プログラム: キュッパ部 |
投稿日: 2015年8月1日