Facebook

En

活動ブログ

MENU

2015(平成27)年度 平日開館コース

平日開館コース:葛飾区立葛飾小学校(2015.12.8)

2015年12月8日(火)、東京都美術館で開催されている特別展「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展」の最終日も近づくこの日、葛飾区立葛飾小6年生のこどもたちが訪れてくれました。

===========================
葛飾区立葛飾小学校6年生 35名
===========================

最初に東京都美術館のアートスタディルームでご挨拶。

1_ASRにて挨拶

今日の活動の流れについて、東京藝術大学美術学部 特任助手の鈴木さんが説明をしてくれます。
「本日の活動には2つのプログラムがあります。ひとつは、東京都美術館の特別展でモネの作品をひとりで見る活動。もうひとつは、お隣りの国立西洋美術館の常設展にあるモネの作品をグループで見る活動です。」
なんと、今日の平日開館では初めて、東京都美術館だけでなく上野公園にある他のミュージアムも訪れます!

2_とびラーと自己紹介
全体の説明が終わったあと、今日一緒に活動をするグループのとびラーさん(アート・コミュニケータ)と自己紹介。とびラーのみなさんも、こどもたちに会うのをとても楽しみにしてくれています。

3_モネ展入場

心の準備ができたところで、一般のお客さんといっしょに展示室へ入ります。

4_展示室へ

モネ展の会場には、一日1万人以上が訪れるほどの混雑ぶり。こどもたちにとって、通常通りの展示室で作品を鑑賞するのは、本当の”ミュージアム・デビュー”と言えるかもしれません。

最初に個別鑑賞の時間。

5_ひとりで見る

葛飾小のみなさんは事前学習の時間をしっかりしてきてくれていたので、「作品が見たい!」という気持ちがとても強く集中力もありました。

6_モネ展を見る

先生オリジナルの事前学習シートはこちら。マークにご注目。

アートのとびらをたたいて-1

それをアレンジして、美術館で使った鑑賞シートがこちらになります。

つぶやきシート_Part6-7

“写真からみたよりも、本物のほうが明るい感じがする。写真のほうは、夜に見えたけど、本物は朝日がさしているようにみえる”

事前学習で見ていた印刷物との違いを発見し、先生の願いどおり「本物の作品をよく見る時間」となったようです。

8_新しいもの発見

時にはとびラーも寄り添いながら、声をかけます。
9_とびラーとの時間も

東京都美術館のエントランスで集合したら、次の行き先へ出発です!

10_一度集合 11_移動

12_都美を出発

上野公園を横切って、国立西洋美術館に到着しました。
ここからはとびラーさんと一緒に鑑賞をする、グループでの活動になります。

13_西美集合

最初に、西洋美術館の常設展示室の空間に慣れるため、ぐるっとお散歩。
14_西美を散歩(3班)

14_西美を散歩

こどもたち全員、西洋美術館は初めてとのこと。常設展と特別展の違いを肌で感じ取っていました。さっきまでの空間とは違い、ゆったりとした時間が流れます。
西洋美術館にある《睡蓮》で立ち止まり、「都美の睡蓮(71番)とずいぶん違うね!」「ほんとだ」とささやき合っています。

15_グループ鑑賞(1班)

展示されている作品たちには集まってくるまでに、それぞれのものがたりがあります。
東京都美術館の特別展ではフランスからやってきた特別に展示されているモネの晩年の作品が多くありました。西洋美術館の常設展は、同じ日本人が戦前からフランスで作品を購入して蒐集した作品たち。「松方コレクション」として西洋美術館が設立されるきっかけとなった作品群です。
2つのモネ展を通して、その違いを味わってくれていたようでした。

展示室に慣れてきたら、〈とびラーおすすめ作品〉をグループで鑑賞します。

18_グループ鑑賞(4班)

19_グループ鑑賞(5班)

16_グループ鑑賞(2班)

こちらも事前学習で、お互いの意見を聞き合う活動をしてきてくれていた葛飾小のみなさん。とびラーから「作品についてみんなで話そう」と言われると、次々と気づいたことを言葉にしてみんなに伝えてくれました。
その時の様子をとびラーの近藤乃梨子さんがこう語ってくれています:

“モネの《チャーリング・クロス橋、ロンドン》で、淡い色彩とぼやけた輪郭から朝の空気感、霧が出ている、モネの記憶のように感じる、色の濃淡で距離を感じる、水面の色の使い方に透明感を感じる、など、次から次へと話をしてくれ、言葉にする力がある子たちだと思いました。「こうやって話したり考えたりしながら絵をみると時間がいくらあっても足りないね」とこの時間を満喫してくれていました。”

西洋美術館にある、モネ以外の作品も鑑賞しました。

17_グループ鑑賞

21_グループ鑑賞(7班)

グループによっては、友達同士で自由に過ごしているところもありました。

22_友達と鑑賞(6班)

最後に西洋美術館でお別れのご挨拶。

23_最後の挨拶

1時間半というとても短い時間でしたが、こどもたちはとても集中して作品と向き合ってくれたので、とびラーと共に豊かな時間を過ごすことができました。

24_お別れ

この日の午後に、さっそく事後学習を行ったとのこと!
活動のはじめに渡したブックにさっそく名前を記入して、今日の活動について書いてくれたこどもたちもいたそうです。

一日で2つのミュージアムをめぐったこの体験を思い出しながら、また上野公園に帰ってきてくれることを願っています!

プログラム: 平日開館コース |
投稿日: 2015年12月8日