Facebook

English

活動ブログ

MENU

2015(平成27)年度 平日開館コース

平日開館コース:文京区立根津小学校(2016.1.22)

2016年1月22日(金)午後、すぐ近くの学校の文京立根津小学校6年生のみなさんがボッティチェリ展を見に来てくれました!

===========================
文京区立根津小学校6年生 24名

===========================

上野公園までは歩いてきたというみなさん、午後の活動に向けてエネルギーもいっぱいです!
学校の事前学習では「アートカード」を使って、作品に親しむことをしてきたそうです。

最初に、アートスタディールームで東京都美術館 学芸員の熊谷香寿美さんより今日の活動について、これから見に行くボッティチェリ展についてお話をしてもらいました。

_MG_1203

みなさん、3つのお約束は覚えていますか?

「作品や壁には触らない」「話すときは小さな声で」「ゆっくり歩こう」

さすがの6年生。事前学習の成果もあって、しっかり美術館での楽しみ方が頭に入っていました。

_MG_1206

ここからは班ごとの時間。目の前に座っているアート・コミュニケータ(愛称:とびラー)とご挨拶をして、いよいよ作品鑑賞の活動が始まります。
自己紹介として、自分たちが事前学習で選んだ作品がどんなものか、その時のメモと一緒に紹介をしてもらいました。

展示室に行く気持ちが少しずつ湧いて来たところで、いよいよ出発です。

_MG_1215

まずはどんな作品があるのか、初めての入る展示室をぐるっとお散歩しながらめぐります。

_MG_1216

一般の来館者の方もいる中での展示室。さっき確認をしたお約束もしっかり守りながら、鑑賞していきます。

_MG_1223

「真ん中にいる青い洋服を着た人、マリアさんかな」「赤ちゃんのお母さんじゃない?」

「どうしてそう思うの?」

「だって真ん中の赤ちゃんを優しそうに見つめている」「でも少し悲しそうだよ」

とびラーは、こどもたちが気づいたことに対して呼応して問いかけ、それをきっかけにみんながたくさんのことを発見してくれます。
自分がガイドをするのではなく、こどもたちにとってみんなで話しやすい環境をつくっていきます。

_MG_1225

_MG_1227

展示室から少し離れた明るいところで、A4サイズのアートカードを見ながらお話しもします。

_MG_1228

グループの仲間と一緒にいろいろな見方を共有した後は、ひとりの時間です。

_MG_1254

今度は一人ずつ「つぶやきシート」を持って、自分の気になる作品を見に行きます。
教室で見たときはアートカードという印刷物だったけど、実際の作品を見て、どう思ったかな・・・?
いろいろな発見を「つぶやきシート」に書きこんでいきます。

最後にアートスタディールームに戻って、「ビビハドトカダブック」をプレゼント。

_MG_1257

上野公園のマップを広げながら、冒険の舞台を眺めます。上野公園には、今日訪れた美術館の他に、博物館、図書館、音楽を聞くホールのある文化会館など、いろいろなミュージアムがあります。
「この本を手にしているきみへ」という文章を読みながら、これからはじまる冒険のイメージがふくらみます。

_MG_1255

ミュージアムには、人々がずっと昔から守ってきたものや
まだ解き明かされていない謎、未来のことまで
たくさんのふしぎがつまっている。
上野公園には、そんなミュージアムが9つ。
ふしぎと共に、きみを待っている。
さあ、ミュージアムの扉をひらき、
いまと昔、未来をめぐる冒険へでかけよう。

ぜひ今日の経験をきっかけに、ミュージアムへの冒険を続けてくれたなら、嬉しいです。

最後はとびラーのみなさんに向かってご挨拶!

_MG_1264

またぜひとびラーにも会いに、上野公園へ遊びに来てくださいね。

プログラム: 平日開館コース |
投稿日: 2016年1月22日